脳と障害児教育 適切な支援への模索

コミュニケーション発達支援シリーズ

脳と障害児教育

適切な支援への模索

著者名 脳と障害児教育編集委員会 加藤俊徳 坂口しおり 編著
ISBNコード ISBN4-921124-45-0 C3037
判型/頁 B5判/256頁(カラー)
発売日 2005年7月発売
定価
脳画像診断医と養護学校の言語指導担当教諭がそれぞれの見地から、脳画像(MRI画像)を障害児教育に取り入れることの意義を述べ、貴重な実践を紹介しています。教育がもたらした子ども達の変化を脳画像診断で跡づけていくなど、指導方法の進歩・改善の可能性を秘めた画期的な実践。巻末に関連用語集、索引付。

  • ご案内
  • 指導方法の進歩・改善の可能性を秘めた画期的な実践
  • 300点に及ぶ写真、イラスト、図表を掲載し、今までにない取り組みを紹介。用語解説、索引によるわかりやすい構成。障害児教育に携わるすべての教員必読の書です。
  • 特別支援教育のスタートを迎え、これからは教育、医療、保健、福祉、地域が手を携えて子ども達を支援することが求められています。本書は、脳科学を障害児教育に取り入れようとする意欲的な試みであり、画像診断医と養護学校の言語指導担当教諭がそれぞれの見地から脳画像を特別支援教育に取り入れることの意義を述べ、貴重な実践を紹介しています。教育がもたらした変化を画像診断で跡づけていくなど、医師と教員との連携による精度の高い支援が展開されており、連携がキーワードとなる特別支援教育にとって、新たな展望を開くものと言えます。子どもの発達を支援しているすべての関係者にとって、新たな視点を提供する必読の書として推薦いたします。
  • 筑波大学教授 筑波大学特別支援教育研究センター 斎藤佐和
  • 変革が求められる昨今、「医療と教育との連携」「一生を通じた支援」といったことが声を大にして言われ、盲・聾・養護学校でも外部の専門家の導入が推進される時代となりました。新しい障害児教育、支援を作り上げていくのは時間がかかることでありますが、多くの試みがなされていく必要があるでしょう。
  • いちばん大事なことは「誰が支援したか」「どういった支援をしたか」ではなく、子ども達自身にとって「意味のあることだった」ということです。そのような点で、本書で紹介される指導、支援の内容は参考になると思います。医師と教師が、一人の子どもについて対等な立場で話し合ったという点では、稀有な実践と言えるかもしれません。
  • よりよい支援への模索は続いていますが、本書がその大きな流れの中に、一石を投じることになれば幸いです。
  •  
  • 目次
  • 巻頭図解 「脳のしくみ」
  • 第1部 脳画像の基礎知識
  • 第1章 新たな支援に向けて
  • 第2章 脳を理解するために
  • 第1節 脳の構造と働き
  • 第2節 脳の機能の理解
  • 第3節 MRIによる脳機能ルートの診断
  • 第4節 脳の働きの理解
  • 第3章 障害児教育の支援に向けて
  • 第1節 基本的な考え方
  • 第2節 脳機能の支援検査
  • 第4章 脳画像の機能診断の教育的意義
  • 第2部 臨床場面への応用
  • 第1章 これまでの支援の方法と課題
  • 第1節 コミュニケーション評価
  • 第2節 評価から支援へ
  • 第3節 評価の客観性を高める手立て
  • 資料1 支援内容の選択
  • 資料2 インリアル・アプローチとは
  • 第2章 子どもたちからのメッセージ
  • 第1節 臨床像の理解
  • 事例1 目覚ましい発達を見せたAさん
  • 資料3 7ヶ月の乳児とお母さんのやりとり
  • 資料4 絵本の順序とことばの想起
  • 事例2 会話をすることの難しさを教えてくれたBさん
  • 資料5 会話から予想される6歳の子どものイメージする誕生日会
  • 第2節 支援への手がかり
  • 事例3 Cさんへの視機能を高めるための取り組み
  • 事例4 立つことに挑戦したD君
  • 第3節 支援効果の確認
  • 事例5 進行性疾患でありながら発達が認められたEさん
  • 資料6 脳画像と臨床像
  • 第3章 MRI導入の課題
  • 第3部 障害児教育の担うもの
  • 第1章 医療の立場から
  • 第1節 脳画像を教育に生かす
  • 第2節 知的障害の本質
  • 資料7 脳酸素交換機能マッピング法
  • 第2章 教育の立場から
  • 第1節 加藤氏の講演から
  • 第2節 障害児教育から脳科学へ
  • 第3章 マスコミの立場から
  • 第4章 保護者から
  • 第1節 支援を受けて
  • 第2節 講演会に参加して
  • 用語解説

関連商品

新刊書籍

パブリシティ情報

NHK総合(全国放送)「空知くん3歳―心と心で会話する親子―」 11月24日(水)の放送で『はるの空』の春日さん親子が放映されました。
『はるの空』
肢体不自由教育252号
(令和3年11月発行) 図書紹介
『みんなにやさしい授業の実践』
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
重度・重複障害児の学習とは?
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
これ一冊でわかる「教育相談」
北日本新聞 9/5 記事
はるの空
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『今日からできる! 小学校の交流及び共同学習』
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『教材知恵袋 自立活動編』
埼玉新聞2021.8.6
『私たちが命を守るためにしたこと』の記事が掲載されました。
TBSラジオ「人権TODAY」(土曜日8時20分〜)、7月3日の放送で、
『私たちが命を守るためにしたこと』の本が取り上げまれます。
肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/