特別支援教育の基礎・基本 2020

特別支援教育の基礎・基本 2020

著者名 独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所 著作
ISBNコード ISBN978-4-86371-548-6
判型/頁 A4判/348頁
発売日 2020年6月12日発売
定価
平成29・30年改訂の学習指導要領等を踏まえ、2015年発行の『特別支援教育の基礎・基本 新訂版』を全編ブラッシュアップ。学習指導要領改訂の基本方針や要点などをはじめ、特別支援教育に関する最新の基礎理論と、障害種別の基本知識、教育課程、指導法等がこの一冊でわかる、特別支援教育関係者の必携書です。

  • 目次
  • 第1部 特別支援教育の基礎
  • 第1章 学習指導要領の改訂と特別支援教育の推進
  • 1 学習指導要領と教育課程
    (1)教育課程とその基準
    (2)教育課程に関する法令
    (3)学習指導要領に基づく教育課程の編成
  • 2 特別支援学校の学習指導要領の変遷
  • 3 特別支援学校学習指導要領改訂の基本方針と総則改訂の要点
    (1)学習指導要領改訂の基本方針
    (2)学習指導要領総則改訂の要点
  • 4 教育課程の編成及び配慮事項
    (1)特別支援学校の教育課程
    (2)特別支援学級の教育課程
    (3)通級による指導
    (4)教育課程の編成と配慮事項
  • 5 訪問教育
  • 6 医療的ケア
  • 7 個別の指導計画
  • 8 自立活動
    (1)自立活動の目標
    (2)自立活動の内容、授業時数
    (3)自立活動と個別の指導計画の作成
  • 第2章 共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システムの構築
  • 1 障害者の権利に関する条約の批准
  • 2 中央教育審議会初等中等教育分科会「共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進(報告)」
  • 3 就学相談・支援
    (1)一貫した支援体制の構築
    (2)早期からの教育相談・支援
    (3)就学先決定の仕組み
  • 4 合理的配慮とその基礎となる環境整備
    (1)合理的配慮
    (2)学校・地域における「合理的配慮」
    (3)基礎的環境整備
  • 5 多様な学びの場の整備と学校間連携の推進
    (1)多様な学びの場の整備
    (2)学校間連携の推進
  • 【コラム】 障害者の生涯学習について
  • 第3章 インクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進
  • 1 特殊教育から特別支援教育制度への移行
  • 2 特別支援教育の理念と基本的な考え方
  • 3 特別支援教育の対象
    (1)特別支援教育の対象となる幼児児童生徒
    (2)特別支援学校の対象となる障害の程度
  • 4 特別支援教育コーディネーター
    (1)特別支援教育コーディネーターの指名
    (2)特別支援教育コーディネーターの役割と求められる資質
  • 5 個別の教育支援計画
    (1)個別の教育支援計画の意義
    (2)個別の教育支援計画及び個別の指導計画の作成と活用・管理
  • 第4章 特別支援学校の教育
  • 1 特別支援学校の教育の概要
    (1)視覚障害のある子供への対応
    (2)聴覚障害のある子供への対応
    (3)知的障害のある子供への対応
    (4)肢体不自由のある子供への対応
    (5)病弱・身体虚弱のある子供への対応
    (6)重複障害のある子供への対応
  • 2 教育課程の編成と指導
    (1)教育課程編成の特色
    (2)各教科等の指導計画作成に当たっての配慮事項
    (3)情報機器等の活用
    (4)交流及び共同学習
  • 3 センター的機能とその役割
    (1)センター的機能の位置付けまでの経緯
    (2)センター的機能の内容
    (3)センター的機能を有効に発揮するための特別支援学校の体制整備
  • 4 キャリア教育
  • 第5章 小学校・中学校等における特別支援教育
  • 1 通常の学級における特別支援教育
    (1)教育要領・学習指導要領の改訂のポイント
    (2)校内支援体制
    (3)学級経営
    (4)個別の教育支援計画・個別の指導計画
    (5)関係機関との連携
    (6)交流及び共同学習
  • 2 特別支援学級における教育
    (1)制度
    (2)教育課程
    (3)学級経営
    (4)個別の教育支援計画・個別の指導計画
    (5)関係機関との連携
    (6)交流及び共同学習
  • 3 通級による指導
    (1)制度
    (2)教育課程
    (3)教室経営
    (4)個別の教育支援計画・個別の指導計画
  • 第6章 特別支援教育関係法令等
  • 第2部 各障害に応じた教育の基本
  • 第1章 視覚障害
  • 1 視覚障害の基礎知識と実態把握
    (1)視覚障害の基礎知識
    (2)視覚障害のある子供の実態把握
  • 2 視覚障害のある子供に応じた教育課程編成
    (1)視覚障害に対応した教育課程編成の考え方
    (2)障害に応じた教育課程の編成
    (3)教科書
  • 3 各教科等の指導
    (1)幼稚部における指導
    (2)小学部・中学部段階における指導
    (3)高等部段階における指導
  • 4 進路指導と進路の状況
    (1)進路指導の意義と指導上の配慮事項
    (2)卒業後の進路の状況
  • 5 自立活動の指導
    (1)視覚障害のある子供の自立活動
    (2)個別の指導計画の作成と展開
  • 6 情報機器の活用
    (1)盲児童生徒の情報機器の利用
    (2)弱視児童生徒の情報機器の活用
    (3)指導者の情報機器の活用
  • 7 主な検査法の種類と方法及び留意事項
    (1)視覚検査の目的と適用
    (2)視力検査と視野検査
    (3)その他
  • 第2章 聴覚障害
  • 1 聴覚障害の基礎知識と実態把握
    (1)聴覚障害の基礎知識
    (2)聴覚障害のある子供の実態把握
  • 2 聴覚障害のある子供に応じた教育課程編成
    (1)聴覚障害に対応した教育課程編成の基本的な考え方
    (2)障害に応じた教育課程の編成
    (3)特別支援学校(聴覚障害)で使用される教科書
  • 3 各教科等の指導
    (1)幼稚部における指導の工夫
    (2)小学部・中学部段階における指導の工夫
    (3)高等部段階における指導の工夫
  • 4 進路指導と進路の状況
    (1)進路指導の意義と指導上の配慮事項
    (2)職業教育
  • 5 自立活動の指導
    (1)聴覚障害のある子供の自立活動
    (2)個別の指導計画の作成と展開
    (3)手話の指導
  • 6 情報機器の活用
  • 7 聴覚検査法
    (1)聴力検査の目的と適用
    (2)聴力検査
  • 第3章 知的障害
  • 1 知的障害の基礎知識と実態把握
    (1)知的障害の基礎知識
    (2)知的障害のある子供の実態把握
  • 2 知的障害のある子供に応じた教育課程編成
    (1)知的障害に対応した教育課程編成の考え方
    (2)教育的対応の基本
    (3)障害に応じた教育課程の編成
    (4)特別支援学校(知的障害)の各教科の基本的な考え方
    (5)教科書
  • 3 各教科等の指導
    (1)指導計画の作成と指導
    (2)知的障害特別支援学級における指導
  • 4 進路指導と進路の状況
    (1)進路指導の意義と指導上の配慮事項
    (2)卒業後の進路状況
  • 5 自立活動の指導
    (1)知的障害のある子供の自立活動
    (2)個別の指導計画の作成
  • 6 情報機器等の活用
    (1)知的障害のある子供の教育を支援する情報機器等の活用
    (2)情報機器等の活用の実際
  • 7 主な検査の種類と方法及び留意事項
    (1)知能検査の目的と特徴
    (2)知能検査の種類
    (3)知能検査の留意事項
  • 【コラム】 ICT・AAC
  • 第4章 肢体不自由
  • 1 肢体不自由の基礎知識と実態把握
    (1)肢体不自由の基礎知識
    (2)肢体不自由の実態把握
  • 2 肢体不自由のある子供に応じた教育課程編成
    (1)肢体不自由に対応した教育課程編成の考え方
    (2)障害に応じた教育課程の編成
  • 3 各教科等の指導
    (1)幼稚部における指導の工夫
    (2)小学部・中学部段階における指導の工夫
  • 4 進路指導と進路の状況
    (1)進路指導
    (2)職業教育
  • 5 自立活動の指導
    (1)肢体不自由のある子供の自立活動
    (2)個別の指導計画の作成と展開
    (3)医師等の専門家との連携
  • 6 情報機器等の活用
  • 【コラム】 障害者に対する福祉サービス
  • 第5章 病弱・身体虚弱
  • 1 病弱・身体虚弱の基礎知識と実態把握
    (1)病弱・身体虚弱の基礎知識
    (2)病弱・身体虚弱のある子供の実態把握
    (3)病弱・身体虚弱のある子供への支援
  • 2 病弱・身体虚弱のある子供に応じた教育課程編成
    (1)病弱・身体虚弱に対応した教育課程編成の考え方
  • 3 各教科等の指導
    (1)幼稚部段階における指導の工夫
    (2)小学部・中学部段階における指導の工夫
    (3)高等部段階における指導の工夫
  • 4 進路指導と進路の状況
    (1)進路指導の意義
    (2)卒業後の進路状況
    (3)指導上の配慮事項
  • 5 自立活動の指導
    (1)病弱・身体虚弱のある子供の自立活動
    (2)自立活動の指導計画の作成
  • 6 情報機器等の活用
    (1)情報機器等を活用した指導の実際
  • 第6章 重複障害
  • 1 重複障害の基礎知識
    (1)重複障害者の基礎知識
    (2)重複障害があることで生じる困難の整理
    (3)重複障害のある子供の多様な学び場
  • 2 教育課程の編成(重複障害者等に関する教育課程の取扱い)
    (1)学校教育法施行規則に規定されているもの
    (2)学校指導要領に規定されているもの
  • 3 重複障害のある子供の実態把握と指導
    (1)重複障害のある子供の実態把握
    (2)重複障害のある子供の指導の内容と方法
    (3)自立活動の内容の設定と指導の方法
    (4)体調の変わりやすい子供の目標設定と内容
  • 4 重複障害のある子供の指導の実際
    (1)重複障害のある子供の学習を進める上での配慮
    (2)重複障害のある子供の指導の実際
    (3)視覚障害と聴覚障害との重複障害のある子供の指導の実際
  • 5 情報機器等の活用
    (1)教材・教具の作成
    (2)市販の教材・教具の利用
    (3)情報の共有
    (4)分かりやすく活動しやすい環境設定の工夫
    (5)探索活動やリラクゼーションを促す環境設定の工夫
  • 【コラム】 ICF
  • 第7章 言語障害
  • 1 言語障害の基礎知識
    (1)言語障害の概要
    (2)対象となる主な言語障害
    (3)言語障害の特性
  • 2 言語障害教育の歴史と対象者
    (1)言語障害教育の歴史
    (2)言語障害教育の対象者
  • 3 言語障害のある子供に応じた教育課程編成
    (1)言語障害特別支援学級の教育課程の編成
    (2)通級による指導(言語障害)の教育課程の編成
    (3)言語障害教育の各教科の取扱いについて
  • 4 言語障害教育の指導の実際 −構音障害−
    (1)器質的構音障害
    (2)機能的構音障害
    (3)誤り方の特徴から見た構音障害
    (4)構音の状態の把握
    (5)構音障害の指導
  • 5 言語障害教育の指導の実際 −吃音−
    (1)吃音とは
    (2)吃音の原因、発吃、治癒について
    (3)吃音の一般的特徴
    (4)吃音の状態の把握と検査
    (5)吃音のある子供への指導・支援の実際
  • 6 言語障害教育の指導の実際 −言語機能の基礎的事項の発達の遅れ−
    (1)言語機能の基礎的事項に発達の遅れのある子供への教育とは
    (2)言語機能の基礎的事項の発達の遅れについての実態把握
    (3)言語機能の基礎的事項に発達の遅れのある子供への指導・支援
  • 7 情報機器等の活用
    (1)構音指導や吃音等、話し言葉の流暢性に関わる指導
    (2)言語機能の基礎的事項を拡充する指導
    (3)言語理解を促進する指導
    (4)集団での発表に自信をもつための指導
  • 第8章 情緒障害
  • 1 情緒障害の基礎知識と実態把握
    (1)情緒障害の基礎知識
    (2)情緒障害のある子供の実態把握
  • 2 情緒障害のある子供に応じた教育課程編成
    (1)情緒障害に関する教育の経緯
    (2)障害の程度に応じた教育課程の編成
  • 3 学習面や行動面の困難さへの対応
    (1)心理面での困難への対応
    (2)学習面、行動面の困難への対応
  • 4 情緒障害のある子供の場に応じた指導・支援
    (1)自閉症・情緒障害特別支援学級における指導
    (2)通級による指導
    (3)通常の学級における配慮
  • 【コラム】「トライアングル」プロジェクト
  • 第9章 発達障害
  • 1 発達障害の基礎知識
    (1)発達障害の定義
    (2)関連する法令
    (3)発達障害の概念に関する動向
  • 9-1 自閉症
  • 1 自閉症の基礎知識と実態把握
    (1)自閉症の定義
    (2)診断基準
    (3)自閉症のある子供の実態把握
  • 2 自閉症のある子供に応じた教育課程編成
    (1)自閉症教育の対象と教育課程編成の考え方
    (2)障害の程度に応じた教育課程編成
  • 3 学習面や行動面 心理面の困難さへの対応
    (1)学習面における困難さへの対応
    (2)行動面、心理面の困難さへの対応
    (3)二次的障害
  • 4 自閉症のある子供の場に応じた指導・支援
    (1)特別支援学校(知的障害)における指導
    (2)自閉症・情緒障害特別支援学級における指導
    (3)通級による指導(自閉症)
    (4)通常の学級における配慮
  • 9-2 学習障害
  • 1 学習障害(LD)の基礎知識
    (1)学習障害(Learning Disabilities)の定義
    (2)学習障害(LD)の判断基準
  • 2 学習障害(LD)のある子供の気付きと実態把握
    (1)学校における気付き
    (2)学校における実態把握の方法
  • 3 学習障害(LD)のある子供の困難さへの対応
    (1)学習面での困難への対応
    (2)二次的な障害
  • 4 学習障害(LD)のある子供に応じた指導・支援
    (1)通常の学級における配慮
    (2)通級による指導
  • 5 新たなLD判断の考え方
  • 9-3 注意欠陥/多動性障害
  • 1 注意欠陥/多動性障害(ADHD)の基礎知識
    (1)注意欠陥/多動性障害(ADHD)の定義
    (2)注意欠陥/多動性障害(ADHD)の判断基準
  • 2 注意欠陥/多動性障害(ADHD)のある子供の学習面や行動面における
    気付きと実態把握
    (1)学校における気付き
    (2)学校における実態把握
  • 3 注意欠陥/多動性障害(ADHD)のある子供の学習面や行動面の困難さへの対応
    (1)学習面、行動面での困難への対応
    (2)二次的な障害
  • 4 注意欠陥/多動性障害(ADHD)のある子供の場に応じた指導・支援
    (1)通常の学級における配慮
    (2)通級による指導
  • 9-4 発達障害における情報機器の活用

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A
雇用維新ブログに書籍紹介が載りました
現場からみた労働法
タウンニュース保土ヶ谷版 人物風土記に記事が掲載されました
enjoy ist。かながわ
英語教育2018年11月号
(大修館書店)
アルファベットと英単語の覚え方
日本教育新聞
2018/5/21 書評
小学校・中学校 通常の学級の先生のための手引き書
2018/10「法学セミナー」
公務員法と労働法の交錯
肢体不自由教育236号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり
労務事情3月1日発行
(産労総合研究所)
法人職員・公務員のための労働法 判例編

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/