出版案内

定期購読・申込フォーム
書籍・DVD[459件]  
文部科学 教育通信[332件]  
視覚障害教育ブックレット[46件]  
聴覚障害[30件]  
教職キャリアデザイン[10件]  
SYNAPSE[53件]  
レッツ★特別支援[15件]  
  ■ 書籍・DVD ■  
表 紙 内 容 購 入
新フィリア
書名 介護等体験ガイドブック  新フィリア
著者名全国特別支援学校長会 全国特別支援教育推進連盟 編著
発売日2020年2月10日発売
定価定価1,540円(本体1,400円+税10%)
小学校及び中学校の教員をめざす方が必ず行う「介護等体験」。その必携書として多くの学生をサポートしてきた『フィリア』が新しくなりました。特別支援教育について深く理解し、豊かでかけがえのない体験を得るために、ぜひご活用ください。
フィリア
書名 フィリア  [新学習指導要領(平成29年公示)版]
著者名全国特別支援学校長会 編著
発売日2018年1月31日発売
定価定価1,430円(本体1,300円+税10%)
■新学習指導要領実施に向けて大幅改訂 特別支援学校での介護等体験の必携書が「新学習指導要領(平成29年告示)版」として増補・改訂! 新学習指導要領実施に向けて「学習指導要領改訂」の経緯や背景、新学習指導要領自体の概要などを盛り込んでいる。また、特別支援教育の生涯学習化、学校での医療的ケアに関する内容も加えた。介護等体験の前に一読してほしい一冊。
介護等体験 ルールとマナー
書名 フィリアII  介護等体験 ルールとマナー
著者名全国特別支援学校長会 編著
発売日2014年3月16日発売
定価定価1,320円(本体1,200円+税10%)
介護等体験で特別支援学校に行く学生のための、ルールとマナーをまとめたサポートブックです。「どんな服装で行けばいいの?」「持ち物は?」「介護等体験ではどんなことをやるの?」「どんなことに気をつけたらいいの?」etc… この1冊で、介護等体験の不安や悩みが解消されます。
キコロンの約束
書名 小学校 環境学習(地球温暖化)副読本  キコロンの約束  ストップ!!地球温暖化!!
著者名作:特定非営利活動法人 全国環境学習支援ネット
絵:加藤のい
発売日2021年11月6日発売
定価定価1,870円(本体1,700円+税10%)
「地球温暖化ってどういうこと?」
「自然災害が起きるしくみって?」
「地球のために何ができるだろう?」
電気のムダづかいをしていた小学生のジュンくんとモトコちゃんの家にある日突然、木の妖精「キコロン」が、「このままだと地球が大変なことになっちゃう」ことを教えにやってきた。
地球温暖化のこと、日本だけでなく世界中で起こっている異常気象のこと、地球を温暖化から守る方法、SDGsのことをマンガで学べる!
わたしたちが今、地球にできることをキコロンといっしょに考えてみよう!
通常学級におけるADHD児が集中できる授業 集中できない授業
書名 通常学級におけるADHD児が集中できる授業 集中できない授業  ADHD児支援の基礎・基本
著者名阿部芳久(東北福祉大学名誉教授)著
発売日2021年11月4日発売
定価定価2,090円(本体1,900円+税10%)
子どもが教師の話に耳を傾け、真剣に勉強に取り組んでいる授業。それに対し、子どもが教師の話を全く聞かずに自由に動き回ってしまう授業。その違いは何なのか。教育相談の場で多くのADHD児とその保護者と向き合い、授業の参与観察を行ってきた著者が、これまでの知見から「集中できる授業」のポイントを明らかにする。教師と子ども、子どもどうしの人間関係、さらには授業の質で、子どもは大きく変わります!
知的・発達障害のある子の道徳教育実践
書名 新時代を生きる力を育む  知的・発達障害のある子の道徳教育実践
著者名永田繁雄 監修 
齋藤大地・水内豊和 編著 
松尾直博・細川かおり 著  
発売日2021年10月26日発売
定価定価2,420円(本体2,200円+税10%)
本邦初! 特別支援教育における「道徳」の実践事例集!
新学習指導要領で新たに位置づけられた「特別の教科 道徳」。特別支援教育においても、道徳教育への関心が高まっている。特別支援学校の学習指導要領に基づいて、道徳教育に関する基本的事項をやさしく解説するほか、知的障害特別支援学校や小・中学校の特別支援学級における授業実践22例を紹介する。
知的障害・発達障害のある子供たちの道徳性を育む授業づくりにご活用ください。
自立活動ハンドブック第1巻
書名 よく分かる!  自立活動ハンドブック第1巻
著者名下山直人 監修
筑波大学附属桐が丘特別支援学校・自立活動研究会 編著
発売日2021年10月26日発売
定価定価2,420円(本体2,200円+税10%)
特別支援教育のスペシャリストが、自立活動の指導の計画から実践までの手順をやさしく手ほどきするシリーズ。第1巻は「指導すべき課題を導く」をテーマに、障害のある子供の実態把握から、課題を導き出すまでの過程をていねいに解説する。このほか、学校組織としての取り組みや、全国の実践15事例も紹介。初めて指導にあたる先生だけでなく、経験を積んだ先生も活用できる、自立活動の案内書の決定版。
質的研究によって明らかになった実態
書名 コロナ禍で学生はどう学んでいたのか  質的研究によって明らかになった実態
著者名大学教育学会 課題研究「大学教育における質的研究の可能性」グループ
発売日2021年10月8日発売
定価定価1,980円(本体1,800円+税10%)
コロナ禍によりキャンパスでの活動が抑制された2020年春以降、大学生はこれまでとは異なった学生生活を余儀なくされた。このような中で大学生はどのように学んでいたのだろうか。本書は、大学教育学会の研究プロジェクトとして2020年秋に実施した「『コロナ禍における学生の学び』の質的調査」の結果についてプロジェクトメンバーがそれぞれの視点から丁寧に分析することで、学生の生の声を掬ったものである。ポストコロナの大学生活の実態を幅広い読者と共有するとともに、学生に寄り添った対応を模索する各大学の参考にされたい。
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践2
書名 知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践2
著者名監修:金森克浩
編著:水内豊和・齋藤大地
発売日2021年9月16日発売
定価定価2,860円(本体2,600円+税10%)
特別支援学級はもとより、特別支援学校の小学部においても取り組むべきこととされているプログラミング教育。本書では、特別支援学級も含め、小学部段階から高等部段階まで、知的障害・発達障害のある子どもたちを対象とした多様なプログラミング教育の実践を30例紹介。特別支援教育の中でプログラミング的思考をどのように育むのか、プログラミング教育を教育活動にどのように位置づけるのか、教科の学びを確かなものにするためにはどうしたら良いのかなどの解説も充実。楽しい授業づくりに存分にご活用ください。
虎ノ門物語
書名 虎ノ門物語
著者名木埜 有
発売日2021年9月10日発売
定価定価1,650円(本体1,500円+税10%)
昭和の時代に旧文部省(通称「虎ノ門」)にキャリア官僚として入省したOBの汗と涙と根性の物語。建前(?)は「全くのフィクションであります。無責任な噂話やでたらめを集大成。登場人物になんとなく心当たりがある方もおられるかもしれませんが、それは“他人のそら似”というもの。あるいは『オレのことか?』と思われても、それは錯覚です」(「はじめに」)。笑い話や裏話、ちょっぴり哀愁のただようエピソードを添えつつ、虎ノ門、霞が関の住人へ贈る激励と応援。文科省を知る人も知らない人も、日の目を見ない日本を支えるお仕事あれこれ、ちょっと覗いてみて下さい。ペンネーム木埜有(きの・ゆう)は「昨日言う」から。

[ 459件中 1〜10件目を表示 ]