高校で学ぶ発達障がいのある生徒のための 社会参加をみすえた自己理解 「よさ」を活かす指導・支援

高校で学ぶ発達障がいのある生徒のための

社会参加をみすえた自己理解

「よさ」を活かす指導・支援

著者名 小田浩伸 監修
大阪府教育委員会 編著
ISBNコード ISBN978-4-86371-555-4 C3037
判型/頁 A4判/126頁 2色刷
発売日 2020年9月20日発売
定価
発達障がいのある生徒の高校卒業後の進路先での困りの軽減や、必要に応じて周囲に適切な支援を求める力の育成をめざし、生徒の自己理解の促進と、自尊感情や自己肯定感を大切にした指導・支援について、理論編、事例編、資料編の3部構成で編纂。とりわけ事例編は、職員研修での活用をみすえ、進学先・就職先での困りをもとに、「高校で取り組むべき指導・支援」について協議を深めることができる構成になっている。校内研修・教職員研修のテキストに最適!

  • 目次
  • はじめに
  • 1 理論編 発達障がいのある生徒への適切な指導・支援のために
  • 1.「困っている生徒」への気づきと支援
  • 【1】生徒の困りに気づくためのポイント
  • 【2】発達障がいについて
    (1)【ASD】自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障がい
    (2)【ADHD】注意欠如・多動症
    (3)【LD】限局性学習症/学習障がい
    (4)【DCD】発達性協調運動症/発達性協調運動障がい
  • 2.障がいのとらえ方の変化と国内外の法整備・学習指導要領
  • 【1】障がいのとらえ方
  • 【2】障害者の権利に関する条約への批准と国内の法整備
  • 【3】障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律
    (1)不当な差別的取扱いの禁止
    (2)合理的配慮の提供
  • 【4】改正発達障害者支援法
  • 【5】教育分野における国の動き
    (1)インクルーシブ教育システム構築に向けた国の動き
    (2)新しい高等学校学習指導要領
  • 3.高校における発達障がいのある生徒の指導・支援について
  • 【1】早期のアセスメントの重要性
    (1)的確なアセスメントのために
    (2)発達障がいのある生徒への気づき
    (3)生徒の実態把握
    (4)愛着形成の課題について
  • 【2】有効な支援体制づくり
    (1)校内支援体制の構築
    (2)支援教育コーディネーターの役割
    (3)高校と支援学校の効果的連携
  • 【3】個別の教育支援計画・個別の指導計画の作成と活用
    (1)個別の教育支援計画の作成
    (2)個別の指導計画の作成
    (3)効果的な引継ぎ
  • 【4】「ともに学び、ともに育つ」教育の意義(集団づくり・仲間づくり)
    (1)教員が率先して関わり方のモデルとなる
    (2)安心して学べる集団づくり
    (3)環境変化をきっかけとした自己理解の促進
    (4)集団場面を活用した自己理解
    (5)生徒間での気づき合い
  • 【5】保護者との連携
  • 【6】キャリア教育の充実に向けて
    (1)困っている生徒への指導・支援のために
    (2)生徒の成長に合わせて変化する支援
    (3)生徒の自尊感情・自己肯定感を大切にする
    (4)自己理解を進めるポイント
    (5)余暇活動の充実に向けて
    (6)卒業後をみすえた関係機関との連携
  • 4.社会参加をめざして
  • 【1】社会参加に向けた進路希望の整理
  • 【2】就職希望生徒への指導・支援の留意点
    (1)働くことを想定した支援
    (2)就労に向けたスキル 〜職業準備性〜
    (3)職業適性の把握とマッチングの重要性
    (4)職場体験実習のすすめ
    (5)職場定着に向けた支援
  • 【3】進学希望の生徒への指導・支援の留意点
    (1)高校と大学の違い
    (2)困ったときに相談窓口を活用しやすい環境を整える
  • 【4】発達障がいのある生徒の社会参加をみすえた自己理解のために
  • ■コラム
  • (1)2E教育について −二重の特別支援−
  • (2)大阪府障がい者差別解消ガイドラインにおける「3つめの類型」
  • (3)高校における通級による指導について
  • (4)大阪府における取組み「高校生活支援カード」 その1
  • (5)大阪府における取組み「高校生活支援カード」 その2
  • (6)校内支援会議における情報共有の取組み例
  • (7)校内支援体制の構築 その1 −学校全体で生徒を支える−
  • (8)校内支援体制の構築 その2 −ひとりで抱え込ませないで−
  • (9)大学入試センター試験における受験上の配慮
  • (10)中学校から高校への引継ぎについてのそれぞれの思い
  • (11)つながる力の育成 −仲間づくり− その1
  • (12)生徒の自尊感情の高まりを意識した取組み例
  • (13)つながる力の育成 −仲間づくり− その2
  • (14)支援学校の取組みを活用する
  • (15)大学における体験プログラム −ASDを対象とした取組み例−
  • 2 事例編 指導と支援の実際
  • 事例編について
  • 事例の構成
  • 事例のみかた
  • 1 事例編を活用した研修に向けて
  • 2 参加体験型研修の進め方
  • 3 協議の進め方
  • 【事例】
  • 1 大学のレポート課題提出で…
  • 2 大学の履修登録で…
  • 3 大学の定期考査で…
  • 4 大学の講義で…
  • 5 就職先で同じ質問を繰り返す
  • 6 就職先で何度も遅刻する
  • 7 整理整頓ができない
  • 8 シフト勤務の調整で…
  • 9 休日の過ごし方
  • 10 大きな声や物音によって仕事に集中できない
  • 3 資料編
  • No.1-1   高校生活支援カードの概要
  • No.1-2   高校生活支援カード 様式例
  • No.2-1   個別の教育支援計画【高校版】記入例
  • No.2-2   個別の教育支援計画【高校版】様式例
  • No.2-3   高校生活支援カードを活用した個別の教育支援計画の作成
  • No.3      生徒の状況把握シート 様式例
  • No.4-1   個別の指導計画【高校版】記入例
  • No.4-2   個別の指導計画【高校版】様式例
  • No.5-1   生徒の実態把握ツール例(1)(生徒が記入するチェックシート)
  • No.5-2   生徒の実態把握ツール例(2)(教職員が記入するチェックシート)
  • No.6      高等学校における通級による指導について(制度概要)
  • No.7      高等学校における通級による指導実践事例

関連商品

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A
雇用維新ブログに書籍紹介が載りました
現場からみた労働法
タウンニュース保土ヶ谷版 人物風土記に記事が掲載されました
enjoy ist。かながわ
英語教育2018年11月号
(大修館書店)
アルファベットと英単語の覚え方
日本教育新聞
2018/5/21 書評
小学校・中学校 通常の学級の先生のための手引き書
2018/10「法学セミナー」
公務員法と労働法の交錯
肢体不自由教育236号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり
労務事情3月1日発行
(産労総合研究所)
法人職員・公務員のための労働法 判例編

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/