キャリア発達支援研究8 いま、対話でつなぐ願いと学び

キャリア発達支援研究8

いま、対話でつなぐ願いと学び

−キャリア発達支援の新たな広がりと深まり−

著者名 キャリア発達支援研究会 編著
ISBNコード 978-4-86371-610-0
判型/頁 B5判/216頁
発売日 2021年12月22日発売
定価
「キャリア発達支援研究」第8巻刊行!
本書では「キャリア発達支援の新たな広がりと深まり」をメインテーマに、第1部では、障害が重い児童生徒のキャリア発達支援について菊地一文氏、飯野順子氏からの寄稿のほか実践4事例を紹介。第2部では、コロナ禍によりWeb開催となった「キャリア発達支援研究会第8回東京大会」における丹野哲也氏による基調講演、吉藤オリィ氏による記念講演と、当日行われたグループセッションの話題提供を4件紹介。さらに、第3部は教員のキャリア発達へと結びついた様々な実践を6事例、第4部では2本の投稿論文のほか、各地域の特別支援学校におけるキャリア発達を促す実践を数多く掲載している。

  • 目次
  • 巻頭言 森脇 勤
  • 第T部 特集 障害が重いと言われる児童生徒へのキャリア発達支援
  • 論説1 障害が重いと言われる児童生徒へのキャリア発達支援      菊地 一文
  • 論説2 障害の重い子どもの生涯にわたるキャリア発達を見据えた授業づくりの今
  • 飯野 順子
  • 実践報告
  • 1 訪問教育におけるキャリア教育を考える
  • 〜 Aの願いに寄り添った場面設定の工夫を通して〜     和田 茉莉子
  • 2 特別の教科道徳をベースに対話を積み重ねるキャリア教育     関戸 優紀子
  • 3 重度・重複障害がある児童生徒のキャリア発達支援
  • 〜「自立活動実践シート」に基づく中心課題を明確にした指導〜
  • 片岡 愛
  • 4 重度の知的障害や自閉症スペクトラム障害のある子どものキャリア発達を促すためのコミュニケーション支援
  • 石井 幸仁
  • 第U部 第8回年次大会東京大会
  • いま、対話でつなぐ願いと学び 〜キャリア発達支援の新たな広がりと深まり〜
  • 第1章 テーマ「いま、対話でつなぐ願いと学び〜キャリア発達の新たな広がりと深まり〜」の設定について
  • 東京大会実行委員会(深谷 純一)
  • 第2章 講演報告
  • 基調講演 「キャリア発達を支援する教育の未来」
  • 〜学習指導要領に通底する「キャリア」の理念〜 講師 丹野 哲也 氏 
  • 記念講演 分身ロボットOriHimeによる新たな働き方、社会とのつながり方について
  • 講師 吉藤 オリィ(健太朗) 氏
  • 第3章 グループセッション報告
  • 話題提供@ 願いを大切にする、障害の重い子供たちのキャリア教育 下山 永子 
  • 話題提供A 共に学び・共に生きる、多様性を活かすキャリア教育
  • −多様性と社会の接点−                 原 智彦
  • 話題提供B キャリア教育のこれまでとこれから、学校と地域協働
  • 〜内面の変容を促すカギは守破離?高等部作業学習を例に〜
  • 広兼 千代子・若松 亮太
  • 話題提供C いま、対話でつながる願いと学び
  • −キャリア発達支援の新たな広がりと深まり−      菊地 一文
  • 第4章 東京大会を終えて、いま紡ぎたいこと
  • 東京大会実行委員会(逵 直美・原川 健一郎・川口 真澄)
  • 第V部 実践報告 対話を通して学びあい・高めあう教員のキャリア発達
  • 1 “聴き合い”を通して学びあい、高め合う教員のキャリア発達  柳川 公三子
  • 2 教師の「思い」や「願い」を大切にしたワークショップ型研修  相畑 利行
  • 3 対話を通して学び合い、高め合う教員のキャリア発達
  • −現職教員と学部新卒生の協働的な学び−             川島 民子
  • 4 授業づくりを通して、学び合い高め合う教師のキャリア発達
  • 〜生活単元学習「とくしんピック2020を成功させよう」の授業づくりから〜
  • 土居 克好 
  • 5 地域における実践を通して生徒とともに高め合う教師のキャリア発達
  • 橋田 喜代美 
  • 6 様々な困難に立ち向かう、これからの時代の教育課程編成の視点を考える
  • 〜業務改善の推進と課題解決をとおして〜           湯淺 真
  •  
  • 総括 対話を通して学びあい・高めあう教員のキャリア発達      武富 博文
  • 第W部 キャリア発達を促す実践
  • 投稿論文
  • 【実践報告】
  • 地域との協働、そして共創へ
  • 〜特別支援学校(知的障害)高等部作業学習の事例から〜 若松 亮太・檜山 祥芳
  • 【資料】
  • 闘病する子どもの保護者を支える病棟保育              尾島 幼子
  •  
  • 実践報告
  • 1 キャリア教育の充実に向けて
  • 〜卒業後を意識した進路学習から、新しい「職業」の授業へ〜   小田 紀子
  • 2 ICTで『心を密に…』
  • 〜コロナ禍における地域協働 茶農家と協働した【茶畑プロジェクト】〜
  • 森 玲央名
  • 3 各学部・学年における連携・協働による力を学校の力に
  • 〜語り合い、支え合うことのできるチームづくりを目指す〜    木本 恭嗣
  • 4 「本人の願い」を踏まえたキャリア発達支援の在り方について
  • 〜聾学校における実践より〜                  加瀬 恵
  • 5 子どもたちの「誰かのために」という気持ちを大切にした授業づくり
  • 〜小学部生活単元学習での実践〜                會田 晃子
  • 6 作業学習のポイント30
  • 〜肢体不自由教育作業学習の定着に向けた指導者育成のために〜
  • 江見 大輔 
  • 7 社会とつながり続ける学校をめざして〜SNSを活用した地域連携〜
  • 杉木 紗矢香 
  • 第X部 資料
  • 「キャリア発達支援研究会第8回年次大会」記録 
  •  

関連書籍

新刊書籍

パブリシティ情報

NHK総合(全国放送)「空知くん3歳―心と心で会話する親子―」 11月24日(水)の放送で『はるの空』の春日さん親子が放映されました。
『はるの空』
肢体不自由教育252号
(令和3年11月発行) 図書紹介
『みんなにやさしい授業の実践』
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
重度・重複障害児の学習とは?
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
これ一冊でわかる「教育相談」
北日本新聞 9/5 記事
はるの空
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『今日からできる! 小学校の交流及び共同学習』
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『教材知恵袋 自立活動編』
埼玉新聞2021.8.6
『私たちが命を守るためにしたこと』の記事が掲載されました。
TBSラジオ「人権TODAY」(土曜日8時20分〜)、7月3日の放送で、
『私たちが命を守るためにしたこと』の本が取り上げまれます。
肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/