国立大学法人 兵庫教育大学教育実践学叢書6 教員の職場適応と職能形成 教員縦断調査の分析とフィードバック

国立大学法人 兵庫教育大学教育実践学叢書6

教員の職場適応と職能形成

教員縦断調査の分析とフィードバック

著者名 川上 泰彦(兵庫教育大学教授) 編著
ISBNコード ISBN978-4-86371-569-1
判型/頁 A5判/248頁 上製本
発売日 2021年1月30日発売
定価
本書は、教員のキャリア形成や働き方などに関心を持ち、研究成果のフィードバックをとおして学校・教育行政の改善を志向する研究者たちによる研究成果である。
日本の公立学校における教員の職能成長・職場適応についての課題を整理するとともに、教員の力量形成、組織適応、メンタルヘルス、学校組織の協働・リーダーシップ、学校における働き方などに関して、幅広くデータ収集を行い、多面的な分析をふまえて教員の職場適応と職能形成を検証・考察した一冊。

  • 目次
  • 序 章 教員の職場適応と力量形成
    ―教員人事制度はどう影響するか
  • 第1節 課題設定
    1.学校組織の変化―「小規模化」と「若返り」
    2.重視される「学校への適応」―(1)教員の心身の健康
    3.重視される「学校への適応」―(2)教員の能力形成・職能成長
  • 第2節 教員の適応・能力形成の「日本的特質」
    1.日本の教員人事の特徴
    2.「日本型」教員人事の機能―地域間の均衡と人材育成
  • 第3節 「日本型」教員人事制度から導き出される研究課題
    1.「日本型」教員人事制度下における「職場適応」の研究課題
    ―健康の面から
    2.「日本型」教員人事制度下における「職場適応」の研究課題
    ―職能成長の面から
  • 第4節 教員の適応と健康・能力形成の分析
    ―我々の研究計画と本書の構成
  • 第1章 教員の職能成長と職場適応に関する研究の展開と課題
    ―アメリカの研究動向に焦点をあてて
  • 第1節 はじめに
  • 第2節 教員の「職能成長」に関連する研究動向
    1.教員の成長段階に関する初期の研究
    2.教員の成長段階の全体像に関する研究例
    3.教員の成長段階に関する多様な記述と変数へ
    4.教職の「危機」にこそ焦点化した研究へ
  • 第3節 教員の「職場適応」に関連する研究動向
    1.「学校の組織的文脈」への注目の高まり
    2.教員の離職問題とキャリア形成
    3.教員の職場環境と職業的満足度に関する研究
    4.学校の組織的文脈と教員の成長―教員パネル調査の動向
  • 第4節 小括
  • 第2章 研究とデータの全体像
  • 第1節 調査概要
    1.初任教員・初任期教員対象の調査
    2.初任者に限定しない教員対象の調査
  • 第2節 データの概要
    1.初任教員・初任期教員対象の調査
    2.初任者に限定しない教員対象の調査
  • 第1部 分析編 <1>
    初任期教員の適応と健康・力量形成
  • 第3章 初任期教員の勤務実態と職能成長
  • 第1節 はじめに
  • 第2節 初任期教員の勤務実態と職能成長の変容
    1.日常の勤務状況について
    2.主観的な職能成長尺度
    3.組織における上司・同僚関係
    4.勤務実態,職能成長,職場適応の変化
  • 第3節 主観的な職能成長・職場適応と上司・同僚関係
  • 第4節 本章のまとめと今後の展開
  • 第4章 初任期教員のストレスと適応感
    ―パネルデータを用いた分析
  • 第1節 問題の所在と本章の目的
    1.教職キャリア構築における研究上の課題
    2.教員のストレス研究における課題と本稿の目的
  • 第2節 調査概要
    1.調査手続きとデータ
    2.分析モデル
  • 第3節 分析結果の提示と解釈
    1.分析モデルの選択
    2.結果の提示
  • 第4節 考察と本章のまとめ
  • 第5章 初任教員の心身の健康に対する長時間労働の影響
    ―非従来的な識別戦略と内生性・非線形性・異質性
  • 第1節 問題の所在
    1.背景・先行研究
    2.本章の分析における問い
  • 第2節 長時間労働の影響の分析における識別戦略
    1.除外制約による識別
    2.不均一分散を通じた識別
  • 第3節 分析
    1.データ
    2.長時間労働の影響の分析
    3.長時間労働の影響の異質性
  • 第4節 結論と今後の課題
  • 第6章 第1部小括
    ―初任期教員の適応と健康・力量形成
  • 第2部 分析編 <2>
    流動的な職場における適応・力量形成
  • 第7章 組織参入時の適応を促す方策と組織社会化
  • 第1節 はじめに
    1.教員の適応に関する社会状況
    2.参入時の適応に関する先行研究
  • 第2節 方法
    1.データ
    2.使用変数
  • 第3節 分析
    1.従属変数の記述統計量の変化
    2.回帰分析
    3.解釈
  • 第4節 考察と本章のまとめ
  • 第8章 中堅教員のリーダーシップ支持を促す同僚性要因に関する研究
  • 第1節 問題の所在
    1.政策動向と課題
    2.先行研究レビューと本章の課題設定
  • 第2節 調査設計と分析結果
    1.調査設計
    2.分析結果の提示
  • 第3節 結果の考察と今後の課題
    1.結果の考察
    2.今後の課題
  • 第9章 教員の働き方に関する意識と長時間労働との関連
  • 第1節 課題設定
  • 第2節 分析枠組み
    ―組織社会化・プロアクティブ行動と教員の働き方との関連
  • 第3節 データと使用変数
    1.データ
    2.使用変数
    3.推計モデル
  • 第4節 分析
    1.週全体の労働時間を規定する要因
    2.週の教科外指導時間を規定する要因
    3.週の授業準備・成績処理・学級経営時間を規定する要因
    4.週の学校運営時間を規定する要因
    5.週の外部対応時間を規定する要因
  • 第5節 考察と課題
  • 第10章 教員の研修への参加と職務上の自己効力感
  • 第1節 はじめに
  • 第2節 使用変数
    1.データ
    2.使用変数
  • 第3節 分析の結果
    1.パネルデータによる分析結果
    2.男女別のパネルデータ分析結果
  • 第4節 考察とまとめ
  • 第11章 第2部小括
    ―流動的な職場における適応・力量形成
  • 第3部 パネルデータの収集・分析・活用
  • 第12章 フィードバックの実践と課題
  • 第1節 調査の実施に向けた留意点と実践事例
    1.教育委員会との信頼関係の構築
    2.フィードバックにおける留意点
    3.調査の実施に至る実践事例
  • 第2節 教育行政向けフィードバックの実践と課題
    ―E県J地区における事例
    1.教育行政向けフィードバックの実践
    2.教育行政向けフィードバックの課題
  • 第3節 学校管理職・ミドルリーダー向けフィードバックの実践と課題
    1.学校管理職・ミドルリーダー向けフィードバックの実践
    2.学校管理職・ミドルリーダー向けフィードバックの課題
  • 第4節 回答者個人向けフィードバックの実践と課題
    1.アンケート自由記述からみるフィードバックの重要性
    2.回答者個人向けフィードバックの実践と今後の課題
  • 第13章 教員の適応のパターン化とフィードバックへの活用
  • 第1節 問題の所在と研究アプローチ
    1.先行研究における課題
    2.研究アプローチ
  • 第2節 調査結果の提示
    1.調査設計
    2.分析結果の提示
  • 第3節 結果の考察とフィードバックへの活用
    1.結果の考察
    2.フィードバックへの活用と今後の課題
  • 補 論 パネルデータの意義と分析手法
    ―パネル線形回帰モデルおよびマルチレベル因子分析
  • 第1節 パネルデータの構造とデータ収集
  • 第2節 パネルデータを用いた回帰モデル
    1.非時変的要因の統制:固定効果モデル
    2.寄与の分解:変量効果モデル
  • 第3節 マルチレベル因子分析
    1.モデル
    2.マルチレベルモデルによるバーンアウト尺度の推定
  • 終 章 パネルデータを用いた職能成長・職場分析とフィードバック
  • 1.教員の職能成長をめぐる課題意識
    2.教員の職場適応・職能成長に向けて
    3.調査の継続と分析手法の洗練
  •  
  • 共同執筆
  • 榎  景子(長崎大学准教授)
    妹尾  渉(国立教育政策研究所総括研究官)
    梅澤 希恵(国立教育政策研究所研究員)
    波多江俊介(熊本学園大学准教授)
    橋野 晶寛(東京大学准教授)
    町支 大祐(帝京大学常勤講師)
    神林 寿幸(明星大学常勤講師)
    當山 清実(兵庫教育大学教授)
    網谷 綾香(大阪成蹊短期大学教授)

関連商品

新刊書籍

パブリシティ情報

実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/