現場からみた労働法――働き方改革をどう考えるか――

現場からみた労働法

――働き方改革をどう考えるか――

著者名 小嶌 典明
ISBNコード ISBN978-4-86371-490-8
判型/頁 B6判/344頁
発売日 2019年2月18日発売
定価
人事労務の現場は、働き方改革をどう受けとめているのか。また、将来を考えた場合、どう受けとめるべきなのか――本書は、目の前にあるデータや資料をもとに、そのときどきの判断を下さなければならない現場の立場に寄り添いながら、働き方改革について考えるものである。改革の荒波のゆくえを見据える確かな羅針盤としてご活用いただきたい。

  • 目次
  • まえがき
  • 第一部 講話編――40 Stories
  • 第一話 イントロダクション(1)
    セレンディピティの重要性/コンプライアンスも程度問題
  • 第二話 イントロダクション(2)
    日本の経営――六〇年前と今/アベグレンの警句――再説
  • 第三話 数値でみる労働法
    一五歳以上人口の二人に一人が適用を受ける/法律に占めるシェアは三%
  • 第四話 労働関係法令の概観(1)
    戦後誕生した労働組合法/工場法から労働基準法へ
  • 第五話 労働関係法令の概観(2)
    様変わりした労働法/進む現実との乖離
  • 第六話 労働法と日本の将来
    「二つ目の仕事」/働くことが解決の道
  • 第七話 労働統計の基礎知識(1)
    基幹統計と業務統計/少子高齢化と就業率
  • 第八話 労働統計の基礎知識(2)
    非正規雇用とその現状/無期の非正規雇用
  • 第九話 身近にあるワークルール(1)
    室内温度の上限と下限/労働時間の客観的把握
  • 第一〇話 身近にあるワークルール(2)
    労働契約法と施行通達/労働契約法と大臣告示
  • 第一一話 身近にあるワークルール(3)
    日本における男女平等/職業の選択と男女平等
  • 第一二話 身近にあるワークルール(4)
    最低賃金――その歩みと現状/パートタイム労働者の賃上げ
  • 第一三話 身近にあるワークルール(5)
    パートタイム労働法の改正<1>/通常の労働者への転換
  • 第一四話 身近にあるワークルール(6)
    パートタイム労働法の改正<2>/公務員にとっては他人事?
  • 第一五話 身近にあるワークルール(7)
    パートタイム労働法の改正<3>/派遣法改正と均衡・均等待遇
  • 第一六話 身近にあるワークルール(8)
    労基法の改正――三十六条/労基法の改正――三十九条<1>
  • 第一七話 身近にあるワークルール(9)
    労基法の改正――三十九条<2>/労基法の改正――三十二条の三
  • 第一八話 身近にあるワークルール(10)
    幻の労基法改正――三十八条の三/幻の労基法改正――三十八条の四
  • 第一九話 身近にあるワークルール(11)
    労基法の改正――四十一条の二/補 適用除外に関する年収要件の日米比較
  • 第二〇話 身近にあるワークルール(12)
    労働法のヨーロッパ化/補 空白期間をめぐるイギリスの知恵
  • 第二一話 身近にあるワークルール(13)
    目前に迫った無期転換/補 自動車産業の期間工
  • 第二二話 身近にあるワークルール(14)
    柔軟な働き方<1> 副業・兼業/柔軟な働き方<2> テレワーク
  • 第二三話 身近にあるワークルール(15)
    定年後の労働条件とその実情/時間外労働の特例とその実情
  • 第二四話 身近にあるワークルール(16)
    定年延長へと向かう公務員/補 定年延長とは異なる再任用
  • 第二五話 身近にあるワークルール(17)
    裁量労働をめぐる国会の迷走/補 調査によってわかる事実?
  • 第二六話 身近にあるワークルール(18)
    モデル就業規則とハラスメント/結論ありきの「パワハラ」判決
  • 第二七話 身近にあるワークルール(19)
    立法の行方――パワハラ対策/法律の解釈――無期転換制度
  • 第二八話 身近にあるワークルール(20)
    野党のパワハラ規制法案/野党の長時間労働規制法案<1>
  • 第二九話 身近にあるワークルール(21)
    野党の長時間労働規制法案<2>/野党の長時間労働規制法案<3>
  • 第三〇話 身近にあるワークルール(22)
    野党の長時間労働規制法案C/「労働生産性の向上」と野党法案
  • 第三一話 身近にあるワークルール(23)
    判示事項からみた六・一判決/六・一判決と諸手当<1>
  • 第三二話 身近にあるワークルール(24)
    六・一判決と諸手当<2>/六・一判決と公務員の世界
  • 第三三話 身近にあるワークルール(25)
    六・一判決と法改正<1>/六・一判決と法改正<2>
  • 第三四話 身近にあるワークルール(26)
    異例の附帯決議<1>/忘れられた判決
  • 第三五話 身近にあるワークルール(27)
    異例の附帯決議<2>/改正法への備え<1>
  • 第三六話 身近にあるワークルール(28)
    改正法への備え<2>/最低賃金の引上げと公務員
  • 第三七話 身近にあるワークルール(29)
    改正法への備え<3>/「とことん働く」ことも大事
  • 第三八話 身近にあるワークルール(30)
    定年延長と給与の引下げ/有期雇用と定年類似の制度
  • 第三九話 ものの見方考え方(1)
    英文記事にみる「働き方改革」/若き日本人女性がみたドイツ
  • 第四〇話 ものの見方考え方(2)
    二つの訴訟大国にみる知恵/補 外国との比較の効用
  • 第二部 理論編―― 3 Articles
  • 第一章 「同一労働同一賃金」に関する覚書
    一 はじめに――閣議決定に対する素朴な疑問
    二 「同一労働同一賃金」の法制化に向けた歩み
    三 欧州モデル――パート・有期・派遣の共通規制
    四 閑話休題――労働契約法等の適用を受けない公務員
    五 「同一労働同一賃金」を先取りする最近の判例
    六 まとめにかえて――求められる冷静な議論
  • 第二章 法律による時間外労働の上限規制は必要か
    一 上限規制へのミスリード――「働き方改革実現会議」事務局案
    二 上限規制の中身を問う――労組も達成が困難な内容
  • 第三章 (判例評釈)従業員の自殺と会社の損害賠償責任 〜加野青果事件(平成二十九年一月二十七日名古屋地裁判決、同年十一月三十日名古屋高裁判決)とその問題点〜
    一 はじめに
    二 一審判決――結論と認定事実の乖離
    三 二審判決――論理の飛躍と短絡
    四 まとめにかえて
  • 告示・通達索引
    判例索引
    法令索引
    初出一覧

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A
雇用維新ブログに書籍紹介が載りました
現場からみた労働法
タウンニュース保土ヶ谷版 人物風土記に記事が掲載されました
enjoy ist。かながわ
英語教育2018年11月号
(大修館書店)
アルファベットと英単語の覚え方
日本教育新聞
2018/5/21 書評
小学校・中学校 通常の学級の先生のための手引き書
2018/10「法学セミナー」
公務員法と労働法の交錯
肢体不自由教育236号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり
労務事情3月1日発行
(産労総合研究所)
法人職員・公務員のための労働法 判例編

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/