特別支援教育における ICFの活用 Part3 学びのニーズに応える確かな実践のために

特別支援教育における ICFの活用 Part3

学びのニーズに応える確かな実践のために

著者名 独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所 編著
ISBNコード ISBN978-4-86371-211-9
判型/頁 B5判/358頁
発売日 2013年1月29日
定価
『ICF(国際生活機能分類)活用の試み―障害のある子どもの支援を中心に―』(2005年)、『ICF及びICF-CYの活用 試みから実践へ―特別支援教育を中心に―』(2007年)に続く、特別支援教育におけるICF/ICF-CY活用に関する実践書のPart3。
障害のある子どもの実態把握と支援の共通理解を図るための「ICF関連図作成手順(全体像版)」「ICF関連図作成手順(主訴対応版)」「ICF-CY活用支援電子化ツール」「ICF-CYチェックリスト」の開発・実証の経過と、特別支援学校や通常の学校などでの実際の活用事例を紹介しています。
■「ICF-CY活用支援ツール」(電子化システム)のCD-ROM付き。
⇒正誤表

  • 目次
  • 第1章 総論:特別支援教育においてICFを活用するということ
  • 1.特別支援教育におけるICF/ICF-CY活用について考える
    2.「ICF関連図」の活用について
  • 第2章 活用を支えるツールとツール活用事例
  • 1.特別支援教育におけるICF/ICF-CY活用支援ツールの開発と実証
    2.「ICF関連図作成手順(全体像版)」の開発と実証
    3.教員によるケース会議における「ICF関連図作成手順(全体像版)」の活用
    4.「ICF関連図作成手順(主訴対応版)」の開発と実証
    5.教育相談や巡回相談における「ICF関連図作成手順(主訴対応版)」の活用
    6.ICF-CY活用支援電子化ツールの開発と実証
    7.ICF-CYチェックリストの開発と実証 ―個々の「学習上又は生活上の困難」を把握するために―
    8.実態把握及び目標設定への「ICF-CY活用支援電子化ツール」の活用
  • 第3章 特別支援学校での活用
  • 1.個別の教育支援計画へのICFの活用
    2.ICFを取り入れた個別の教育支援計画を活用した他職種との連携の取組
    3.児童生徒の実態把握と課題の焦点化、授業改善のためのICF/ICF-CYの活用
    4.個別の教育支援計画、個別の指導計画のシステム作りと授業改善へのICFの活用
    5.個別の教育支援計画作成に向けてのICF活用の試み
    6.医療との連携におけるICF-CY活用の試み
    7.聴覚障害のある生徒の障害認識を促す指導 ―自立活動におけるICF関連図作成の取組を通して―
    8.視覚障害がある児童へのICF活用の取組 ―「ICF関連図」の活用を通して―
    9.寄宿舎におけるICF/ICF-CY活用の取組 ―生徒自身による活用を目指して―
  • 第4章 通常の学校での活用
  • 1.小・中学校等でのICF-CY活用の可能性
    2.発達障害のある児童の指導と支援へのICF活用の取組 ―通級における指導を中心に―
    3.教育相談でのICFの活用 ―よりよく子どもを理解するために―
    4.ICF-CYを活用した教育相談の取組 ―分類項目を用いた評価の試み―
    5.ICF-CYを活用した通常の学級における授業への展望 ―模擬授業を通しての一考察―
  • 第5章 キャリア教育とICF
  • 1.本人参画及び多職種間連携の意義とICF活用によるキャリア発達の可能性
    2.生徒本人によるICF活用(マイノオトの試み) ―キャリア発達を支える可能性―
    3.キャリア発達を支援するツールとしてのICFの活用
    4.特別支援学校(肢体不自由)における学校経営上の課題解決のためのICF活用 ―指導の方向性を定めるために―
  • 第6章 活用を進めるために
  • 1.特別支援教育におけるICF/ICF-CYの活用を支えるWebツールの開発と実証
    2.自立活動の指導のための手だて ―ICF-CYと自立活動の内容との適合性に関する予備的検討から―
    3.ICF活用を支える研修の取組 ―モデル児を用いた模擬ケース会議を通して―
    4.巡回相談での事例検討会におけるICF関連図活用の取組
    5.医療分野におけるICFの活用
    6.福祉分野におけるICF-CYの活用への期待
    7.保健分野におけるICF活用の可能性 ―ヘルスプロモーションと健康観の変化に注目して―
    8.労働分野におけるICFの活用

関連商品

特別支援教育におけるICFの活用 Part3
 

2013年1月29日発売
本体2,500円+税
ICF及びICF-CYの活用
 

2007年9月発売
本体1,700円+税
ICF(国際生活機能分類)活用の試み
 

2005年4月発売
本体1,810円+税
 

新刊書籍

特別支援教育の視点で考える
新学習指導要領ポイントブック

2019年6月27日発売
本体1,700円+税
標準「病弱児の教育」テキスト
 

2019年4月3日発売
本体1,800円+税
「優秀教員」の職能開発
 

2019年4月3日発売
本体2,400円+税
合理的配慮ハンドブック
 

2019年3月24日発売
本体2,300円+税
特別支援教育の進め方(5)
「個別の教育支援計画」「個別の指導計画」の作成と活用

2019年3月15日発売
本体2,000円+税
現場からみた労働法
――働き方改革をどう考えるか――

2019年2月18日発売
本体2,300円+税
すべてに感謝!
やってよかったPTA

2019年1月30日発売
本体700円+税
教師のための対人関係トレーニングサポート集 TTST
2019年1月29日発売
本体1,900円+税
「知的障害のある子どもと共に学ぶ」
を考える

2019年1月29日発売
本体2,000円+税
自閉症 過去・現在・未来
−50年を共にあゆんで−

2019年1月23日発売
本体2,000円+税

パブリシティ情報

雇用維新ブログに書籍紹介が載りました
『現場からみた労働法』
タウンニュース保土ヶ谷版 人物風土記に記事が掲載されました
『enjoy ist。かながわ』
英語教育2018年11月号
(大修館書店)
『アルファベットと英単語の覚え方』
日本教育新聞
2018/5/21 書評
『小学校・中学校 通常の学級の先生のための手引き書』
2018/10「法学セミナー」
『公務員法と労働法の交錯』
肢体不自由教育236号
(日本肢体不自由児協会)
『子ども主体の子どもが輝く授業づくり』
労務事情3月1日発行
(産労総合研究所)
『法人職員・公務員のための労働法 判例編』
英語教育2017年12月号
(大修館書店)
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link