ICF(国際生活機能分類)活用の試み

ICF(国際生活機能分類)活用の試み

障害のある子どもの支援を中心に

著者名 独立行政法人 国立特殊教育総合研究所
世界保健機構(WHO) 編著
ISBNコード ISBN4-921124-37-X C3037
判型/頁 A4判/184頁
発売日 2005年4月発売
定価
ICFは、障害のある人たちの生活を支える、従来の障害名にとらわれない新しい考え方です。国立特殊教育総合研究所が平成16年にWHOから翻訳権を得た「ICFチェックリスト」を始め、ICF活用に向けた基本的な情報、ICFを実際に活用した試み、ICF活用の可能性についてまとめた日本で初めてのICF活用の実践書です。

  • はじめに 〜本書の発行にあたって〜
  • 2001年7月のWHO総会においてICF(International Classification of Functioning, Disability and Health:国際生活機能分類)が採択され、2002年には日本語公定訳が発行されました。また、2002年12月の「障害者基本計画」では、ICFについて障害の理解や適切な施策推進の観点からその活用方策を検討する旨が述べられています。
  • そのことを受け、障害のある子どもたちの教育についてのナショナルセンターである独立行政法人国立特殊教育総合研究所においても、研究・研修・教育相談・情報普及・国際交流等の各事業を通してICFの活用について検討を進めてまいりました。その一環として2004年2月にWHOがWeb上で公開しているICFチェックリスト「ICF CHECKLIST Version 2.1a, Clinician Form」の翻訳権を得て、この度、本書の中で日本語訳版として世に送り出すことにいたしました。
  • 障害のある子どもたちの教育は、従来の視覚障害・聴覚障害・知的障害・肢体不自由・病弱・身体虚弱・言語障害・情緒障害のある子どもたちへの「特殊教育」からLD・ADHD・高機能自閉症のある子どもたちも含めた「特別支援教育」への移行が進められています。その中においては、一人一人の教育ニーズを把握し、そのもてる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するために適切な指導や必要な支援を行うことが重要視され、そのことを推し進めるためには、学校の中だけでなく、子どもを中心にして、子どもたちにかかわる多くの専門職、家族との連携が必要不可欠なものとなります。ICFには、従来の障害ではなく、生活上の困難さに注目すること、多くの専門職種間の共通言語となりうること、といった特徴があります。その意味で、ICFの活用については、これからますます注目されることと思います。
  • 我が国において、そしてもちろん障害のある子どもたちへの教育の分野についても、実際のICFの活用については、まだ緒についたばかりです。その中においても、少しずつではありますが各地での取り組みが確実に始まっています。今回は、多くの方々の協力を得て、様々な活用の取り組みの様子を寄せていただきました。また、障害のある当事者やご家族を含め、教育の分野以外の多くの方々からもご協力をいただき、それぞれの思い、取り組みの実際、今後の可能性等、多くのご紹介をいただきました。
  • こうして、多くの方々からのご協力を得ることによって、本書を発行するに至りました。実際の活用方法等については、まだ検討段階であり、多くの方々から忌憚のないご意見を賜れば幸いです。このことが、障害のある子どもたちの自立・社会参加、そして家族や子どもたちの支援にかかわる多くの方々に対して少しでもお役に立つことを願ってやみません。
  • 2005年2月
  • 独立行政法人 国立特殊教育総合研究所  理事長 細村迪夫
  •  
  • 目次
  • 序 論 本書を活用していただくために
  • 第1章 ICFの活用に向けて
  • 第1節 ICF活用の重要性
  • 第2節 ICFを活用するために(試案)
  • 第3節 ICFチェックリスト(日本語訳版)
  • 第4節 ICF Checklist Version 2.1a, Clinician Form (ICFチェックリスト原文)
  • 第2章 ICF活用の取り組み
  • 第1節 多職種間連携のツールとしてのICF実用化の試み
  • 第2節 知的障害と肢体不自由を併せ有する児童へのICFの適用例
  • 第3節 ICF:高等部における移行支援での活用
  • 第4節 ICFと個別の教育支援計画
  • 第5節 評価ツールとしてのICF活用例
  • 第6節 自閉症の子どもの支援への適用例―ICF CY活用の試み―
  • ミニギャラリー
  • 詩「羽田空港」
  • 陶芸「鈴」
  • 版画「たいこドンドコドン」
  • 水彩画「自画像」
  • 色鉛筆画「しょうたいじょう」
  • 水彩画「動物」
  • 油絵「龍平の仕事」
  • 色鉛筆画「人魚」
  • 第3章 ICF活用の可能性
  • 第1節 当事者から見たICF活用への期待
  • 第2節 家族の視点から見たICF―家族と専門家が「一緒に」考えるツールとしてのICF―
  • 第3節 ICFモデルを使った軽度発達障害の理解と支援
  • 第4節 個別の指導計画へのICF活用の可能性―リハビリテーションスタッフとの連携を中心に―
  • 第5節 個別の教育支援計画へのICF活用の試み―学校内外での組織的な取り組みを目指して―
  • 第6節 ICFの地域支援への活用
  • 第7節 リハビリテーション医療におけるICF活用の可能性と特別支援教育への応用
  • 第8節 福祉・介護分野におけるICF活用の可能性
  • 第9節 保健分野におけるICF活用の可能性―ヘルスプロモーションとの関連において―
  • 第10節 職業リハビリテーションへのICFの活用
  • 第11節 職場実習事業の実践事例をICFの視点で検証する
  • 第12節 電子化によるICF活用の可能性
  • 総 括 まとめと今後の展望
  • ICF関連資料一覧 

関連商品

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/