包摂の学級経営−若手教師は現場で主体的に育っていく−

包摂の学級経営

−若手教師は現場で主体的に育っていく−

著者名 中村 映子
ISBNコード ISBN978-4-86371-652-0
判型/頁 A5判/336頁
発売日 2023年4月4日発売
定価
若手教師は現場で成長する――
長年教師を務めた著者が、公立小学校の教職経験4〜10年の若手教師の学級に密着し、アクションリサーチの手法を用いて、教師がどのように学級経営を改善していき、どのような成長を遂げていくか、その過程を実証した一冊
学級の観察や教師たちへのインタビューなどを通して、現場の「声」をていねいに掬い、教師が児童間の関係を理解することによって「包摂の学級経営」が可能になることを明らかにした。著者が4年という歳月をかけて追究したことの足跡は、研究者のみならず教師にとっても貴重なものである。

  • 目次
  • はじめに
  • 第T部 「包摂の学級経営」とは何か
  • 第1章 なぜ「若手教師の包摂の学級経営」なのか
  • 1.本書の目的と背景
  • (1)本書の目的
  • (2)小学校教師の職能発達における学級経営実践の重要性
  • (3)問題の所在
  • 2.小学校若手教師の職能発達に着目した先行研究
  • (1)小学校教師の職能発達に関する研究の動向と課題
  • (2)教職経験・年齢の違いに着目した研究の動向と課題
  • (3)「若手」という時期に着目した研究の動向と課題
  • 3.本書の課題と構成
  • 4.分析枠組み
  • 5.基本概念の整理
  • (1)学級経営
  • (2)学級経営観
  • (3)若手教師
  • (4)職能発達
  • (5)教師による児童間関係理解
  • 6.本書が目指す「包摂の学級経営」
  • (1)「包摂(インクルージョン)」とは何か
  • (2)「包摂の学級経営」とは何か
  • 第2章 「包摂の学級経営」へのアクションリサーチ(action research)によるアプローチ
  • 1.教師の語りに着目する意義
  • (1)事例研究(case study)を選択する理由
  • (2)若手教師の語りに着目するする理由
  • 2.アクションリサーチ(action research)の有効性
  • (1)アクションリサーチとは何か
  • (2)本研究におけるアクションリサーチの意義
  • (3)アクションリサーチに臨む筆者の立ち位置
  • (4)アクションリサーチにおける「改善協議」の捉え方
  • 3.調査の概要
  • (1)フィールドワークの概要
  • (2)参与観察
  • (3)インタビュー調査
  • (4)アンケート調査
  • (5)研究の手続き
  • 第U部 アクションリサーチを通した学級経営改善過程―管理主義(教師主導)から包摂(子ども主体)へ
  • 第3章 強い教師主導から子ども主体への学級経営改善―ナカニシ先生の事例
  • 1.改善前―「目立つ子」中心の強い教師主導だった学級経営の実態と課題
  • (1)児童の実態―新しいクラス集団を肯定的に受け止める児童と不安感を抱える児童
  • (2)学級経営方針―目立つ児童に強い影響を受ける教師主導の学級経営
  • 2.改善の第1段階―「教師による児童間関係理解」の観点の導入
  • (1)年度当初の学級経営の課題―引き出しが少ないから改善のビジョンが描けない
  • (2)教師はどのように「教師による児童間関係理解」の観点を取り入れていったのか
  • 3.改善の第2段階―「教師による児童間関係理解」に基づく実践
  • (1)事例1―逸脱行動を繰り返す目立つ児童タダシに向き合う
  • (2)事例2―クラスのリーダー的存在の目立つ児童ミツオに向き合う
  • (3)事例3―目立たない児童ユウヤを疎外するミキに向き合う
  • (4)事例4―児童間の根深い課題の改善に繋がる学級会の取り組み
  • (5)事例5―発達障がいのあるショウタに向き合う
  • 4.改善方策の成果と課題―教師主導から子ども主体への学級経営改善
  • (1)教師が捉える学級経営の変化―学級理解の視野の広がり
  • (2)児童が捉える学級経営の変化―クラスの児童全員が学級を楽しいと認識
  • (3)「教師による児童間関係理解」の効果―意識的にすべての子どもに向き合う学級経営へ
  • 第4章 「学級の危機」を乗り越えすべての子どもに向き合う学級経営改善
  •      ―カワモト先生の事例
  • 1.改善前―いきなり「学級の危機」を迎えた学級経営の実態と課題
  • (1)学級経営方針―目立つ児童に強い影響を受ける教師主導の学級経営
  • (2)児童の実態―逸脱行動を繰り返す目立つ児童と巻き込まれる他の児童
  • 2.改善の第1段階―「教師による児童間関係理解」の観点の導入
  • (1)年度当初の学級経営の課題―対症療法に終始し改善のビジョンが描けない
  • (2)教師はどのように「教師による児童間関係理解」の観点を取り入れていったのか
  • 3.改善の第2段階―「教師による児童間関係理解」に基づく実践
  • (1)事例1―4月の「学級の危機」に向き合う
  • (2)事例2―学力不振のヨシオに向き合う
  • (3)事例3―共に目立たない児童ユリとアキラの関係性改善に向き合う
  • (4)事例4―良好な人間関係の育成に繋がるソーシャルスキル学習の取り組み
  • 4.改善方策の成果と課題―教師主導から子ども主体への学級経営改善
  • (1)教師が捉える学級経営の変化―学級理解の視野の広がり
  • (2)児童が捉える学級経営の変化―クラスの半数以上の児童が学級を楽しいと認識
  • (3)「教師による児童間関係理解」の効果―意識的にすべての子どもに向き合う学級経営へ
  • 5.小括―管理主義(教師主導)から包摂(子ども主体)への学級経営改善を促したアクションリサーチ
  • (1)学級理解の問い直しと広がり
  • (2)児童同士の良好な関係性の育成
  • (3)ホリスティックな視点で捉える学級経営改善
  • 第V部 「包摂の学級経営」実現のための実践を通した若手教師の意識変容過程
  • 第5章 管理主義の強い自律性志向から子ども主体と協働性重視へ―ナカニシ先生の事例
  • 1.「教師による児童間関係理解」に基づく実践を通した子ども観・指導観の変容
  • (1)初期状態に見られた意識と行為の特徴―厳しい教師主導の指導観
  • (2)「児童間関係理解」に基づく実践と意識変容との関連
  • 2.学級会実践を通した子ども観・学級観の変容
  • (1)学級会実践を通した意識変容過程
  • (2)学級会実践を通した意識変容過程の特徴
  • 3.学年団教師との実践の協働化による協働性の重視
  • 4.異動校(B校)における子ども主体の学級経営実践の継続
  • (1)B校における2年間の学級経営実践の特徴
  • (2)B校における2年間の意識変容過程の特徴
  • 5.4年間にわたる意識変容過程―管理主義から自律性志向を維持した子ども主体と協働性重視の学級経営観へ
  • 第6章 子どもの問題に目を閉ざしがちな強い他律性志向から子ども主体と協働性重視へ
  •     ―カワモト先生の事例
  • 1.「教師による児童間関係理解」に基づく実践を通した指導観の変容
  • (1)初期状態に見られた意識と行為の特徴―子どもの問題に目を閉ざしがちな指導観
  • (2)「児童間関係理解」に基づく実践と意識変容との関連
  • 2.学級会実践を通した子ども観・学級観の変容
  • (1)分析枠組み
  • (2)学級会実践を通した意識変容過程
  • (3)学級会実践を通した意識変容過程の特徴
  • 3.学年団教師との実践の協働化による指導観・授業観の変容と協働性の重視
  • (1)初期状態における学年団教師との関係性と意識の様相
  • (2)学年団教師の影響による指導観・授業(教材)観の変容過程―5〜6年生の2年間
  • 4.異動校(C校)における子ども主体の学級経営実践の継続
  • (1)C校における2年間の学級経営実践の特徴
  • (2)C校における2年間の意識変容過程の特徴
  • 5.4年間にわたる意識変容過程―子どもの問題に目を閉ざしがちな他律性志向から積極的に関わる子ども主体と協働性重視の学級経営観へ
  • 結論部 「包摂の学級経営」の実現を目指す若手教師の職能発達
  • 第7章 「包摂の学級経営」を目指す実践を通した若手教師の職能発達の特徴
  • 1.子ども主体の学級経営実践を通して若手教師は主体的に育っていく
  • (1)学級経営実践を通した学級経営観の変容と職能発達との関連
  • (2)小学校若手教師(教職経験およそ4〜10年)の職能発達の特徴と構造
  • 2.若手教師間に形成された関係性の特徴―協働文化の特徴を有する関係性の構築
  • (1)5年生当初における学年団教師の硬直していた関係性(X年4月)
  • (2)アクションリサーチにおける学年団教師の協働性の萌芽(X年4月〜7月)
  • (3)アクションリサーチ終了以降における学年団教師の主体的な協働性の形成(X年8月〜X+1年3月)
  • (4)6年生にもち上がった学年団教師の主体的な協働性の確立(X+1年4月〜X+2年3月)
  • 3. 本書の成果と若手教師の職能発達への示唆
  • (1)本書の成果―若手教師の職能発達過程を捉える新たな視角
  • (2)「包摂の学級経営」の推進と若手教師の職能発達支援への示唆
  • 補 章 「包摂の学級経営」の実現と若手教師の職能発達を促進した組織的要件
  • 1. プロセスとしての「包摂の学級経営」を実現させた「チーム5年」の協働
  • (1)「チーム5年」の背景としてA校の組織力
  • (2)アクションリサーチにおける「チーム5年」(前半)の協働と
  •   「包摂の学級経営」との関連―子どもの隠れた排除に向き合う
  • (3)アクションリサーチ終了以降における「チーム5年」(後半)の協働と
  •   「包摂の学級経営」との関連―どの子も活躍できる教育活動の創造
  • 2. プロセスとしての「包摂の学級経営」の実現と若手教師の職能発達を支えた校長のリーダーシップ
  • (1)アサダ校長のリーダーシップ(X年度)
  • (2)ヨシオカ校長のリーダーシップ(X+1年度〜X+4年度)
  • (3)プロセスとしての「包摂の学級経営」の実現と若手教師の職能発達を支え促した組織的要件
  • 参考文献一覧
  • おわりに

新刊書籍

国立大学法人の誕生

2024年5月発売
定価4,180円
障害のある人のためのワークブック だいじなお金のじょうずなつかい方・まもり方
2024年5月17日発売
定価2,090円
国立大学法人 兵庫教育大学教育実践学叢書7 教師の総合的力量形成
2024年4月8日発売
定価2,860円
キャリア発達支援研究10 本人を中心とした柔軟な思考としなやかな対話をとおして 新たな価値を相互に生み出すキャリア発達支援 2024年3月29日発売 定価2,750円
新・現場からみた労働法
−法律の前に常識がある−
2023年3月発売
定価2,750円
ワクワクしながら子どもが育つ
千葉大学教育学部附属特別支援学校の
「遊びの指導」とは
2024年3月15日発売  定価2,420円
授業を豊かにする筑波大附属特別支援学校の教材知恵袋 応用・発展編
2024年3月18日発売
定価2,420円
重度・重複障害児の学習とは?Vol.2

2024年2月29日
定価2,420円
「社会教育」を考える
〜今こそ、「社会教育」の再構築を!〜
2024年1月31日発売
定価1,980円
In Touch 触って学ぶ 目の見えない子どもが世界を発見するために
2023年12月14日発売
定価2,970円
見て、聞いて、触って、動いて
多感覚で楽しむストーリーテリング
2023年11月2日発売
定価2,640円
年間指導計画システムの理念と実践
知的障害教育スタンダード
2023年11月発売
定価2,530円

Information

【TV放送】(YouTubeも配信)
テレメンタリー2024「世界一きれいな言葉」全国放送! 『はるの空』の著者、春日晴樹さんのドキュメントです。「手話」のこと理解できます。
テレビ朝日2/3(土)午前4:50~、朝日放送テレビ2/4(日)午前4:50~、北海道テレビ放送2/4(日)午前10:30~
【イベント】
第48回 淑徳大学 発達臨床研修セミナーが2023年8月5・6日(土・日)に開催されます。
肢体不自由教育2023年259号
『発達に遅れがある子どものためのお金の学習』
『特別支援教育における学校・教員と専門家の連携』
『かゆいところに手が届く重度重複障害児教育』
書評が掲載されました。
『発達に遅れがある子どものためのお金の学習』
『特別支援教育における学校・教員と専門家の連携』
『かゆいところに手が届く重度重複障害児教育』
週刊教育資料 第1691号2023年2月20日号
『発達障害・知的障害のある子どものSNS利用ガイド』の書評が掲載されました。
『発達障害・知的障害のある子どものSNS利用ガイド』
点字毎日新聞 第1251号
『視覚障害のためのインクルーシブアート学習』の記事が掲載されました。
『視覚障害のためのインクルーシブアート学習』
肢体不自由教育2023年258号
『障害の重い子供のための 各教科の授業づくり』書評が掲載されました。
『障害の重い子供のための 各教科の授業づくり』
週間教育資料2023年1月16日 No.1687
『大人の発達障害 「自分を知ること」「人に伝えること」』書評が掲載されました。
『大人の発達障害 「自分を知ること」「人に伝えること」』
理科教室2月号 vol.818
(2023年02月01日発行)
『中学・高校物理の学びに役立つ実験集』盲学校の物理実験の工夫と生徒を育む授業として記事が掲載されました。
『中学・高校物理の学びに役立つ実験集』
月刊人材ビジネス vol.438 (発売日2023年01月01日) 『労使関係法の理論と実務』
人材ビジネス関係者にお勧めの一冊として記事が掲載されました。
『労使関係法の理論と実務』
北羽新報 2022.9.13
山口新聞 2022.9.19
『はるの空』春日さん夫婦の民泊運営についての記事が掲載されました。
『はるの空』
肢体不自由教育2022.257号
『障害の重い子どもの授業づくり 最終章』 の書評が掲載されました。
『障害の重い子どもの授業づくり 最終章』
肢体不自由教育2022.256号
『自立活動ハンドブック第1巻〜第3巻』『障害のある子供の教育支援の手引』 の書評が掲載されました。
『自立活動ハンドブック第1巻』
『障害のある子供の教育支援の手引』
肢体不自由教育2022.255号
『インクルーシブ教育システムを進める10の実践』 『知的障害教育における「学びをつなぐ」キャリアデザイン』 の書評が掲載されました。
『インクルーシブ教育システムを進める10の実践』
『知的障害教育における「学びをつなぐ」キャリアデザイン』
NHK総合(全国放送)「空知くん 3歳 〜空知の声は聞こえなくても〜」
本放送 4月1日(金) 午後7時30分-
再放送 4月2日(土) 午前10時55分-
『はるの空』の春日さんの家族を追ったドキュメント番組が放送されます。聴覚に障害のある両親と3歳の息子空知くんの成長記録です。
『はるの空』
特別支援教育研究2022年4月号『キャリア発達支援研究8 いま、対話でつなぐ願いと学び』の 書評が掲載されました。
『キャリア発達支援研究8 いま、対話でつなぐ願いと学び』
実践みんなの特別支援教育2022年4月号 『知的障害教育における「学びをつなぐ」キャリアデザイン』の 書評が掲載されました。
『知的障害教育における「学びをつなぐ」キャリアデザイン』
肢体不自由教育2022.254号 『インクルーシブ教育システム時代の就学相談・転学相談』の書評が掲載されました。
『インクルーシブ教育システム時代の就学相談・転学相談』
上毛新聞文化欄 2022.3.1
『視覚障害のためのインクルーシブアート学習』の記事が掲載されました。
『視覚障害のためのインクルーシブアート学習』
あとはとき第13号『視覚障害教育入門Q&A 新訂版』 の書評が掲載されました。
『新訂版 視覚障害教育入門Q&A』
琉球新報2022.3.3
『はるの空』春日さんの講演についての記事が掲載されました。
『はるの空』
特別支援教育研究NO.775
(令和4年3月発行) 図書紹介
『知的障害教育の「教科別の指導」と「合わせた指導」』
NHK総合(全国放送)「空知くん3歳―心と心で会話する親子―」 11月24日(水)の放送で『はるの空』の春日さん親子が放映されました。
『はるの空』
肢体不自由教育252号
(令和3年11月発行) 図書紹介
『みんなにやさしい授業の実践』
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
重度・重複障害児の学習とは?
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
これ一冊でわかる「教育相談」
北日本新聞 9/5 記事
はるの空
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『今日からできる! 小学校の交流及び共同学習』
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『教材知恵袋 自立活動編』
埼玉新聞2021.8.6
『私たちが命を守るためにしたこと』の記事が掲載されました。
TBSラジオ「人権TODAY」(土曜日8時20分〜)、7月3日の放送で、
『私たちが命を守るためにしたこと』の本が取り上げまれます。
肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

ご注文

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/