児童発達支援のための個別支援計画の作成と実践 −『児童発達支援ガイドライン』に沿ったポーテージプログラムの活用−

児童発達支援のための個別支援計画の作成と実践

−『児童発達支援ガイドライン』に沿ったポーテージプログラムの活用−

著者名 大塚 晃・清水 直治 監修
ISBNコード ISBN978-4-86371-592-9
判型/頁 B5判/296頁
発売日 2021年8月4日発売
定価
一人ひとりの子どもの発達に応じ、保護者が家庭などの日常生活の中で目標や過程を具体的に記録しながら行動目標の達成を目指すポーテージプログラム。このポーテージプログラムを活用した個別支援計画の作成とその運用についての解説のほか、2020年刊行のリニューアル版『ポーテージ早期教育プログラム』に基づいた0歳から家庭で行える児童発達支援の進め方について紹介。そのほかポーテージプログラムの活用事例として、児童発達支援センターや放課後等デイサービス事業での実践も掲載している。

  • 目次
  • 第1章 児童発達支援と『児童発達支援ガイドライン』
  • 1 児童発達支援の概要
    (1)障害児支援の理念
    (2)障害児支援の経過
    (3)児童発達支援の内容(発達支援、家族支援、地域支援)
    (4)教育分野等との連携
  • 2 『児童発達支援ガイドライン』とは
    (1)目的と適用
    (2)個別支援計画の作成と実施
    (3)関係機関との連携
  • 3 保育所等訪問支援とは
  • 4 『放課後等デイサービスガイドライン』
    (1)目的と適用
    (2)個別支援計画の作成と実施
    (3)学校等との連携
  • 5 児童発達支援とポーテージプログラム
  • 第2章 ポーテージプログラムによる0歳からの発達支援
  • 1 ポーテージプログラムとは
    (1)ポーテージプログラムの誕生と発展
    (2)ポーテージプログラムの3つの特徴
  • 2 0歳から家庭でできる発達支援
    (1)ポーテージプログラムの構成
    (2)ポーテージプログラムによる指導の進め方:アセスメント−指導−評価の循環過程
    (3)課題分析から「活動チャート」へ
  • 3 児童発達支援のなかでのポーテージプログラムの活用
    (1)ポーテージ相談の役割と機能−発達支援、家族支援、地域支援−
    (2)ポーテージプログラム活用のメリット
  • 4 児童発達支援事業におけるグループ指導の展開のために
    (1)『グループ指導カリキュラム』とは
    (2)『グループ指導カリキュラム』の構成
    (3)『グループ指導カリキュラム』の指導の進め方−多層水準指導−
  • 5 行動障害の理解と適切行動支援
    (1)行動障害とは何か
    (2)なぜ問題だとされる行動を起こすのか
    (3)行動の原因と機能を探す:ABC チャートと機能アセスメント
    (4)適切行動支援:罰を使わないアプローチ
    (5)新しいスキルを教える:機能的等価性
    (6)親(保護者)・家族、支援者の連携が大切:現状を肯定する支援計画を
  • 第3章 実践事例
  • 1 児童発達支援センター
    富山市恵光学園園長・認定NPO法人日本ポーテージ協会理事/認定スーパーバイザー 橋本 伸子
    (1)沿革
    (2)実践事例:個別支援計画とポーテージ相談の活用
    (3)考察
    (4)児童発達支援事業・センターにおける児童発達支援計画とポーテージ相談について
    (5)ポーテージ相談と地域支援
    (6)その他の支援事業との協働
  • 2 児童発達支援事業
    社会福祉法人宗友福社会天使園園長 重見 幸二
    (1)沿革
    (2)実践事例:児童発達支援計画書とポーテージプログラムの活用
    (3)児童発達支援計画書作成・実施後2年を経過した事例の保護者からの意見
    (4)児童発達支援計画書の作成(ポーテージプログラムを取り入れて)を通しての児童発達支援管理責任者の意見
  • 3 保育所等訪問支援
    北九州市立到津ひまわり学園・認定NPO法人(日本)ポーテージ協会認定スーパーバイザー 花田 栄子
    (1)沿革
    (2)実践事例:個別支援計画とポーテージプログラムの活用
    (3)考察
  • 4 放課後等デイサービスにおけるポーテージプログラムの活用
    前NPO法人ほわほわの会副会長・地域福祉創造協会ウインク事務局長・認定NPO法人日本ポーテージ協会理事  今林 和哉
    (1)沿革
    (2)実践事例:個別支援計画とポーテージプログラムの活用
    (3)考察
  • 資料1 今後の障害児支援について
    『今後の障害児支援の在り方について(報告書)』〜「発達支援」が必要な子どもの支援はどうあるべきか〜
    資料2 『児童発達支援ガイドライン』
    資料3 『放課後等デイサービスガイドライン』

新刊書籍

パブリシティ情報

NHK総合(全国放送)「空知くん3歳―心と心で会話する親子―」 11月24日(水)の放送で『はるの空』の春日さん親子が放映されました。
『はるの空』
肢体不自由教育252号
(令和3年11月発行) 図書紹介
『みんなにやさしい授業の実践』
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
重度・重複障害児の学習とは?
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
これ一冊でわかる「教育相談」
北日本新聞 9/5 記事
はるの空
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『今日からできる! 小学校の交流及び共同学習』
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『教材知恵袋 自立活動編』
埼玉新聞2021.8.6
『私たちが命を守るためにしたこと』の記事が掲載されました。
TBSラジオ「人権TODAY」(土曜日8時20分〜)、7月3日の放送で、
『私たちが命を守るためにしたこと』の本が取り上げまれます。
肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/