連載

授業ノートから 第1回

「質問すると◯◯◯◯◯◯」

上智大学特任教授
帝京大学客員教授
松本 美奈

 

 学生たちを大人が表すとき、繰り返されてきた言葉が「今どきの学生は」だろう。続くフレーズは時代で異なるものの、嘆きに収れんする。今あげつらわれるのは学力の低下だ。いわく、ゆとりの弊害、ネットの影響……。待ってほしい。肝心な何かを忘れていまいか。

 

学びは問いから始まる――。学びの本質を教えてくれたのは、一人の中学生だった。五年前、筆者は当時の本業である読売新聞記者のかたわら、東京都杉並区立神明中学校で、「電子新聞部」という部活を設けて指導していた。生徒と社会をつないでほしいと校長に頼まれたのだ。

その名の通り、紙ではなく電子媒体で見られる新聞を作る。部活当日の新聞を読んで浮かんだ質問を自分たちの取材、調査で解明し、記事にして載せるのだ。記憶に刻まれた部員の中学生のひと言は、そうした活動の中でぽろりと出た。

「質問すると◯◯◯◯◯◯」

問うことの面白さと難しさ、問い続けることで生まれる思考の深さ、それが学びをどう促し、人を成長させるのか。たくまざる一言に感服した。◯◯の部分にどんな言葉が入るかは後でお伝えするとして、そこでの経験がもとになり、いま大学で展開する授業が生まれた。最大の眼目は「質問力を磨く」で、科目名にもしている。帝京大学ですでに四年、上智大学でも三年間続けている。学生たちが「Class Q(Question)」と呼ぶ授業で目にする光景は、改めて◯◯の意味を考えさせてくれる。読者の皆さんなら、どう表現するだろう。漢字、ひらがな、カタカナ、どれでも結構、六字にまとめてみてほしい。

問うことへのそんな思い入れとは別に、現状の筆者の心境を率直に表すと、◯◯には「ニ・ゲ・タ・ク・ナ・ル」の六文字が入る。なんだか情けない有様なのだ。

 

分け入っても分け入っても青い山        種田山頭火

 

若葉が深い緑に彩りを変える、一年で最も快適な季節。だが今年は、その青さを楽しむどころではない。新型コロナウイルスのせいで、これまで通りの授業ができなくなったからだ。インターネット上を使った遠隔授業への切替えを求められている。上智はウェブ会議システム「Zoom」を使ったライブ型、帝京は録画型と、それぞれのスタイルを「原則」として提示している。各大学の授業形態やシステム事情などで一長一短があるのだろう。

ライブは一見よさそうだ。学生同士のチーム学習ができるし、一人一人の反応も見ようと思えば見られる。ただし、一定以上の水準の機器があり、それを使いこなす能力が授業する側にあれば、の話だ。

画像

さらに問題なのは、学生側の環境だ。どんな機器を持っているか、通信環境はどんな状態かに左右される。スマートフォンしか持っていない、しかも容量の小さい格安パックで契約となったら、一回の授業で容量オーバー、通信不能に陥ってしまう。住環境がかかわる恐れもある。例えばマンション住まいで、家族や他の住民が在宅勤務して毎日テレビ会議、その子どもたちもパソコンを使ったオンライン授業を受けているとしたら、マンションの回線自体が破綻しないだろうか。日本全体を考えるとどうなるのか。ライブで従来通りの授業がそのまま展開できる保障はない。

そこへいくと録画方式は、大学のポータルサイトに先生が書いた授業資料を張り付け、学生が開いて学ぶ方式で、環境への負荷は比較的少ない。学生側の時間の使い方にも弾力性が出る。

しかし、Class Qとの相性に限って言えば、いずれも全くよろしくない。まず筆者の機器の「操作能力」が水準未満だから。パソコンのセットアップに始まり、動作に障害が見えるたびに対応をリケジョの娘に押し付ける羽目になる。どうすればいい? 不安をかきたてる疑問ばかりが脳裏をかすめ、「逃げたくなる」のだ。

次に、これが最大の懸案だが、筆者の授業は、学生が顔と顔を突き合わせ、言葉を交わすことによって、問いを深化させていくスタイルだからだ。

画像

では一体、Class Qとはどんな授業か。

端的に言えば、事前課題、事後課題がてんこ盛りの授業だ。ひとりで取り組む課題だけでなく、チームで立ち向かわなくてはいけない内容も多い。文部科学省は喜ぶかもしれないが、学生には間違いなく嫌われる授業だ。

教材には当日の読売新聞の朝刊を使う。机と椅子は壁際に寄せ、みんなで車座になってニックネームで呼び合う(右上写真)。質問するのは、筆者ではなく学生自身。一つの記事を「自分以外の誰か」になりきって読み、チームの仲間と一緒に疑問点を次々に洗い出していく。先生の質問に答え、与えられた課題をこなせば一定の評価が得られるのは、せいぜい高校まで。ここは大学、学問の府、与えられた問いに応答するだけならば、Googleで十分だ。自ら問い、課題を設定して解決策を講じていく力は人間にしか持てない。そして、磨かれた「質問力」はきっと社会で生きていくための武器になる。それが授業に込めた狙いだ。

教育問題を取材する新聞記者として数多くの現場に足を運び、実践を見せてもらった。高い問題意識を持つ実践家たちとの交流が生まれ、先人たちの文献にも触れた。未完成ではあるが、経験を通して作り込んできた授業には、毎週のように企業や他大学、高校から見学者が来るようになった。その分、コロナ禍で授業スタイルが損なわれることに強い不安を感じる。

とはいえ、実は逃げられない。学生の力を見せつけられているからだ。上智、帝京両大学で同じ授業を展開していることから、両大学の学生と企業人を集めて今年一月、帝京大学で合同Class Qを行った。そこで学生同士の交流が生まれ、春休みの期間中、一緒に教材づくりに取り組んでくれた。

前述の通り、自ら言うのもナンだが厄介な授業で、どちらの大学でも、履修者の半数近くが途中で履修を辞退したり、単位を落としたりする。そこで学び続け、単位を勝ち取れる学生はかなりの強つわ者ものと言えるだろう。教材作りに踏み込んできた強者たちのチーム名は「教材(K)開発(K)チーム(T)2020年」、略して「KKT20」。自分たちはこのクラスで何に困っているか、どうすれば解決できそうか、学びを深められるか。考え、悩み、工夫を凝らして教材が練られている。

教材を前に、考えた。授業を進化させるしかない。ライブと録画のいいとこ取りで、キャンパスの壁を越えた新しい学びの場を作ろう。どこまでも青い山に分け入ってみようではないか、と。

 

さて、お約束した◯◯の答え。それは「シ・リ・タ・ク・ナ・ル」だ。そう、問いは問いで終わらない。終われない。問うとどうなるのだろう。どうしたら問う力がつくのだろう。実際の教室から、学生たちの今をお届けする。

 

この記事は「文部科学 教育通信 No.484 2020年5月25日号」に掲載しております。

<第1回>  <記事一覧>  <第2回>

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A
雇用維新ブログに書籍紹介が載りました
現場からみた労働法
タウンニュース保土ヶ谷版 人物風土記に記事が掲載されました
enjoy ist。かながわ
英語教育2018年11月号
(大修館書店)
アルファベットと英単語の覚え方
日本教育新聞
2018/5/21 書評
小学校・中学校 通常の学級の先生のための手引き書
2018/10「法学セミナー」
公務員法と労働法の交錯
肢体不自由教育236号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり
労務事情3月1日発行
(産労総合研究所)
法人職員・公務員のための労働法 判例編

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/