本人参画型の「自立活動の個別の指導計画」 理解度チェックと指導計画の様式

本人参画型の「自立活動の個別の指導計画」

理解度チェックと指導計画の様式

著者名 三浦 光哉(山形大学教職大学院教授) 編著
ISBNコード ISBN978-4-86371-551-6
判型/頁 B5判/220頁
発売日 2020年7月21日発売
定価
いま行っている自立活動の指導は合っている? そんな不安を抱えているときは、「自立活動の自己チェック表」でセルフチェック。理解が浅い部分は、その解決策をアドバイスします。また、間違いやすい・勘違いしやすい指導パターンも取り上げるほか、疑問・悩みなどにはQ&Aでやさしく答えます。オリジナルの「自立活動の個別の指導計画」(教師用・本人用)を用いた、特別支援学校、特別支援学級、通級による指導の25事例も参考になります。
「分かりやすい自立活動の参考書がほしい」――そんな要望に応える一冊です!

  • 目次
  • 第1章 自立活動の理解度チェックとポイント
  • はじめに
  • 1.自立活動の理解度チェック
  • 2.理解度チェックによる間違いやすい・勘違いしやすいパターン
  • パターン1:自立活動は知っているが、教育課程上に位置付けていない
  • パターン2:教育課程上に位置付けているが、特設していない
  • パターン3:指導課題の選定に根拠がない
  • パターン4:自立活動の指導目標・指導内容が教科等での指導目標・指導内容と混同している
  • パターン5:指導目標・指導内容を「6区分27項目」から選定していない
  • パターン6:「自立活動の個別の指導計画」と「教育課程に基づく教育計画である個別の指導計画」の作成で困惑している
  • パターン7:自立活動の指導が教科等で行われているのかが明確でない
  • パターン8:学習評価が明確でないために引継ぎがうまくいかない
  • Column 学習指導要領・学習指導要領解説を読み解く
  • 第2章 自立活動Q&A〜学習指導要領における自立活動の理解〜
  • Q1 自立活動は、どのような児童生徒に実施するのですか?
  • Q2 自立活動は、特別支援学校、小・中学校等の特別支援学級及び通級による指導において、教育課程の中で必ず取り上げて実施しなければならないのですか? 知的障害者に対しても同様に実施しなければならないのですか?
  • Q3 “特別の教育課程”とは、どのようなことですか?
  • Q4 自立活動は、週時程表に必ず時間設定(自立活動の時間における指導)して実施しなければならないのですか? 特に、知的障害のある児童生徒の場合、時間設定が必要なのですか?
  • Q5 「自立活動の指導」と「自立活動の時間における指導」とは、どのように異なるのですか?
  • Q6 障害の重い児童生徒には、各教科等を自立活動に替えて、自立活動を中心とした教育課程を編成することができるのですか?
  • Q7 自立活動は、週に何時間くらい設定すればよいですか?
  • Q8 自立活動の目標の中の「心身の調和的発達の基盤を培う」とは、どのようなことですか? 特に、知的障害のある児童生徒の自立活動をどのように捉えますか?
  • Q9 自立活動と合理的配慮との関係は、どのように捉えればよいですか?
  • Q10 「教育課程に基づく教育計画である個別の指導計画」と「自立活動の個別の指導計画」は、どのように異なるのですか?
  • Q11 個別の教育支援計画」と「自立活動の個別の指導計画」は、どのように異なるのですか?
  • Q12 「自立活動の個別の指導計画」は、必ず作成しなければならないのですか?
  • Q13 「自立活動の個別の指導計画」は、様式や手順が決まっているのですか?
  • Q14 「自立活動の個別の指導計画」の活用は、どのようにすると効果的ですか?
  • Q15 「自立活動の個別の指導計画」の評価は、どのようにすると効果的ですか?
  • Q16 「自立活動の個別の指導計画」と他の領域や教科等との関連は、どのように位置付ければよいですか?
  • Q17 保護者との連携は、どのようにすると効果的ですか?
  • Q18 自立活動と関係機関(医療、福祉、労働等)との連携は、どのようにすると効果的ですか?
  • Q19 校内に「自立活動指導員(PT、OT、ST、心理、視覚など)」が配置されている場合、どのように組織付けて連携すればよいですか?
  • Q20 児童生徒が転学や進学する場合、教育課程の連続性として「自立活動の個別の指導計画」は、どのように活用すればよいですか?
  • Q21 児童生徒が就労する場合、「自立活動の個別の指導計画」は、どのように活用すればよいですか?
  • 第3章 本人参画型の「自立活動の個別の指導計画」の様式と作成手順
  • 1.「自立活動の個別の指導計画」の様式の考案
    【様式1】教師用
    【様式2】本人用(1)
    【様式3】本人用(2)
  • 2.教師用の「自立活動の個別の指導計画」の作成手順と記載内容
  • 3.本人用の「自立活動の個別の指導計画」の作成と活用
  • 第4章 障害のある児童生徒への自立活動の実践 25事例
  • <特別支援学校>
  • 事例1 知的障害、小学部2年
    事例情緒の安定を促し、コミュニケーションの苦手さを改善・克服するための指導
  • 事例2 知的障害、小学部5年
    事例自己調整の方法を身に付け、不安定な心身の状態を改善するための指導
  • 事例3 知的障害、中学部2年
    事例自信がないこと、未経験のことを行う時などの不安を改善・克服するための指導
  • 事例4 知的障害、中学部3年
    事例発表場面で声が小さくなったり、話さないで済ませたりすることを改善・克服するための指導
  • 事例5 知的障害、高等部1年
    事例自分の気持ちを理解し、言語で表現できるようになるための指導
  • 事例6 知的障害、高等部1年
    事例相手や場面に応じた言動を身に付けるための指導
  • 事例7 知的障害、高等部3年
    事例自己理解を深め、感情のコントロール方法を身に付けるための指導
  • 事例8 肢体不自由、小学部3年
    事例自分の身体や動きに対する意識を高め、場に合わせた行動を身に付けるための指導
  • 事例9 病弱、中学部3年
    事例感情の浮き沈みを軽減し、自尊感情を高め、自ら行動決定できるようになるための指導
  • 事例10 視覚障害、小学部2年
    事例姿勢保持や基本的動作、協応動作の困難を改善・克服するための指導
  • 事例11 聴覚障害、小学部5年
    事例発音や聞き取り、手話などのコミュニケーション手段を改善するための指導
  • 事例12 重度重複障害、小学部4年
    事例自分や周囲の状況への気付きや、相手への働きかけの手段を改善するための指導
  • <特別支援学級>
  • 事例13 知的障害、小学校2年
    事例認知する力や手指の巧緻性を高め、自信をもって学習に取り組めるようになるための指導
  • 事例14 知的障害、小学校6年
    事例空間認知の困難さを軽減し、記憶を保持する力を高めるための指導
  • 事例15 知的障害、中学校2年
    事例目と体の協応動作を高め、運動に対する抵抗感を軽減するための指導
  • 事例16 自閉症・情緒障害、小学校1年
    事例多動を減らして着席時間を延ばし、落ち着いて学習に取り組めるようになるための指導
  • 事例17 自閉症・情緒障害、小学校5年
    事例こだわりを利用して、偏食から食への興味に発展させるための指導
  • 事例18 自閉症・情緒障害、中学校1年
    事例他者とのかかわりの中で成功体験を積み重ね、自尊感情を高めるための指導
  • 事例19 肢体不自由、中学校2年
    事例筋ジストロフィーの生徒のQOLを改善するための指導
  • 事例20 病弱、小学校1年
    事例病気を理解し学校生活のリズムをつくり、自分でできることを増やすための指導
  • 事例21 弱視、小学校5年
    事例見え方を活かした活動に取り組み、生活に活用できるものを増やすための指導
  • <通級による指導>
  • 事例22 言語障害・ことばの教室、小学校1年
    事例置換音が多く、話していることが分かりづらい児童の構音を改善するための指導
  • 事例23 難聴・きこえの教室、小学校3年
    事例難聴の児童が会話や活動に自ら進んで参加できるようになるための指導
  • 事例24 学習障害:ラーニング教室、小学校3年
    事例漢字の書字が苦手な児童の視覚認知による困難さを改善・克服するための指導
  • 事例25 ADHD・ASD:ラーニング教室、小学校4年
    事例状況に合わせて感情や行動をコントロールし、学級適応の困難さを改善するための指導
  • 第5章 資 料  自立活動の学習指導案
  • 特別支援学校小学部(知的障害)自立活動学習指導案
  • 中学校特別支援学級(知的障害)自立活動学習指導案

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A
雇用維新ブログに書籍紹介が載りました
現場からみた労働法
タウンニュース保土ヶ谷版 人物風土記に記事が掲載されました
enjoy ist。かながわ
英語教育2018年11月号
(大修館書店)
アルファベットと英単語の覚え方
日本教育新聞
2018/5/21 書評
小学校・中学校 通常の学級の先生のための手引き書
2018/10「法学セミナー」
公務員法と労働法の交錯
肢体不自由教育236号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり
労務事情3月1日発行
(産労総合研究所)
法人職員・公務員のための労働法 判例編

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/