よくわかる!大学における障害学生支援 こんなときどうする?

よくわかる!大学における障害学生支援

こんなときどうする?

著者名 竹田 一則 編著
ISBNコード ISBN978-4-86371-469-4
判型/頁 B5判/280頁
発売日 2018年 6月20日
定価
本書は、早くから障害学生支援に関わり、多くの知見や経験を有する、それぞれの分野の専門家による“障害学生支援に関する実践書”を目指して企画された。全国の大学の教職員、学生(障害のある学生を含む)のみならず、障害学生支援に関わる全ての関係者が理解を深め、これまで支援の経験の少ない大学等においても、支援の体制の構築や実践の参考とできるよう、具体的な事例も多く掲載している。大学関係者必携の書。
 電子書籍は[電子書籍版の販売サイト]から購入できます。

  • 目次
  • 第1章 総論
  • 1.1 はじめに
  • 1.2 日本の障害学生支援における現状と課題
  • 1.3 障害のある学生の修学支援に関する検討会報告(第二次まとめ)の概要と今後
  • 第2章 障害のある学生への修学支援に関する基本的な考え方
  • 2.1 大学における不当な差別的取扱いと合理的配慮とは
    Q&A
  • 2.2 全学的な支援体制の構築と連携の方法
    2.2.1 大学における支援体制の例(筑波大学)
    2.2.2 大学における支援体制の例(京都大学)
    2.2.3 大学における支援体制の例(九州大学)
    2.2.4 大学における支援体制の例(関西大学)
    2.2.5 大学における支援体制の例(日本福祉大学)
    2.2.6 大学外のリソースとの連携
    2.2.6.1 行政との連携
    2.2.6.2 障害学生支援と大学間連携
    2.2.6.3 学外リソースとの連携
    2.2.6.4 学外連携と生活支援の課題
  • 2.3 大学におけるユニバーサルデザインと共生キャンパス
    2.3.1 授業におけるユニバーサルデザイン
    2.3.2 施設・設備のバリアフリー
    2.3.2.1 視覚障害者のためのバリアフリー
    2.3.2.2 聴覚障害者のためのバリアフリー
    2.3.2.3 運動障害のある者(肢体不自由者)のためのバリアフリー
    2.3.2.4 発達障害のある者のためのバリアフリー
    コラム
  • 2.4 試験における合理的配慮(テスト・アコモデーション)の理論と実際
  • 2.5 実習における支援の実際
    2.5.1 実習における支援の実践例1(発達障害)
    2.5.2 実習における支援の実践例2(聴覚障害)
    Q&A
  • 2.6 共生キャンパスを目指して
    2.6.1 教職員への理解とよりよい支援のための援助
    2.6.2 周囲の学生への理解啓発
    2.6.3 障害学生の自己理解と環境調整
  • 2.7 キャリア支援の理論と実際
    コラム
    Q&A
  • 第3章 障害学生支援の実際
  • 3.1 合理的配慮の決定プロセスと入学前から卒業までの支援のポイント
  • 3.2 視覚障害のある学生への支援
    3.2.1 視覚障害とは
    3.2.2 視覚障害のある学生の修学におけるニーズと支援の方法
    コラム1
    学生の声
    3.2.3 こんなときどうする?(視覚障害)
    3.2.4 想定事例
    3.2.5 今後の課題
    コラム2
    3.2.6 関連団体等
  • 3.3 聴覚障害のある学生への支援
    3.3.1 聴覚障害とは
    3.3.2 聴覚障害のある学生の修学におけるニーズと支援の方法
    学生の声
    3.3.3 こんなときどうする?(聴覚障害)
    3.3.4 想定事例
    3.3.5 今後の課題
    コラム
    3.3.6 関連団体
  • 3.4 運動障害(肢体不自由)のある学生への支援
    3.4.1 運動障害とは
    3.4.2 運動障害(肢体不自由)のある学生の修学におけるニーズと支援の方法
    学生の声
    3.4.3 こんなときどうする?(運動障害(肢体不自由))
    3.4.4 想定事例
    3.4.5 今後の課題
    コラム
    3.4.6 関連団体
  • 3.5 病弱・身体虚弱、内部障害の学生への支援
    3.5.1 病弱・身体虚弱、内部障害とは
    3.5.2 病気の学生の修学におけるニーズと支援の方法
    コラム1
    学生の声
    3.5.3 こんなときどうする?(病弱・身体虚弱、内部障害)
    コラム2
    3.5.4 想定事例
    コラム3
    3.5.5 今後の課題
    3.5.6 関連団体
  • 3.6 発達障害のある学生への支援
    3.6.1 発達障害とは
    3.6.2 発達障害のある学生の修学におけるニーズと支援の方法ASD,ADHD
    学生の声
    3.6.3 発達障害のある学生の医学的対応
    3.6.4 こんなときどうする?(発達障害)
    3.6.5 想定事例
    コラム
    3.6.6 今後の課題
    3.6.7 関連団体等
  • 3.7 精神障害のある学生への支援
    3.7.1 精神障害とは
    3.7.2 精神障害のある学生の修学におけるニーズと支援の方法
    コラム1
    3.7.3 こんなときどうする?(精神障害)
    3.7.4 想定事例
    3.7.5 今後の課題
    コラム2
    3.7.6 関連団体等
  • 3.8 通信制の高等教育における障害学生への支援―ICT活用の視点から
  • 第4章 海外の障害学生支援に関する現状と動向
  • 4.1 イギリスにおける支援モデルと障害学生支援の現状
  • 4.2 オーストラリアにおける支援モデルと障害学生支援の現状
  • 4.3 海外の大学におけるコンピテンシー・スタンダード
  • 4.4 米国における障害学生支援と紛争処理のしくみ
    Q&A
  • 第5章 障害学生支援の近年の動向(統計データの分析)
  • 執筆者一覧

新刊書籍

特別支援学級担任のための
学級経営サポートQ&A

2018年11月26日発売
本体2,000円+税
子供が学びを深める授業
 

2018年11月15日発売
本体1,800円+税
肢体不自由教育における
子ども主体の子どもが輝く授業づくり2

2018年11月15日発売
本体2,600円+税
授業力向上シリーズNo.6
学習指導要領に基づく授業づくり

2018年11月15日発売
本体1,800円+税
知的障害特別支援学校の
自立活動の指導

2018年11月 9日発売
本体1,800円+税
我が子のいじめに親として
どうかかわるか

2018年10月19日発売
本体1,400円+税
enjoy ist。
かながわ

2018年10月 5日発売
本体600円+税
新訂版
視覚障害教育入門Q&A

2018年 9月20日発売
本体2,800円+税
哲学で子どもの思考力が伸び、
心が成長する

2018年 8月21日発売
本体1,400円+税
人の子育て 動物の子育て 〜家庭教育の大切さを動物の視点で考える〜
2018年 8月21日発売
本体1,400円+税

電子書籍版の販売サイト

パブリシティ情報

英語教育2018年11月号
(大修館書店)
『アルファベットと英単語の覚え方』
日本教育新聞
2018/5/21 書評
『小学校・中学校 通常の学級の先生のための手引き書』
2018/10「法学セミナー」
『公務員法と労働法の交錯』
肢体不自由教育236号
(日本肢体不自由児協会)
『子ども主体の子どもが輝く授業づくり』
労務事情3月1日発行
(産労総合研究所)
『法人職員・公務員のための労働法 判例編』
英語教育2017年12月号
(大修館書店)
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link