病弱教育における各教科等の指導 合理的配慮の観点から各教科等の指導と配慮を考える

病弱教育における各教科等の指導

合理的配慮の観点から各教科等の指導と配慮を考える

著者名 監修 丹羽 登
編著 全国特別支援学校病弱教育校長会
ISBNコード ISBN978-4-86371-333-8
判型/頁 B5判/160頁
発売日 2015年11月8日発売
定価
2016年4月から障害者差別解消法が施行され、「個人に必要とされる合理的配慮の提供」が義務付けられますが、病弱教育の現場では、実際に子供たちにどんな「合理的配慮」をすればよいのでしょうか?
「合理的配慮」の観点から子供の状態等に応じた指導内容の変更・調整、学習指導要領における配慮事項、教材の充実など、病気の子供への指導と配慮について、理論と授業事例の面から考えます。

  • 目次
  • はじめに
    各教科等の指導をとおした生きる力の育成を目指して
  • 第1章 理論・解説編
  • 1.各教科等の指導における配慮事項―学習指導要領より―
    病気の子供に対する一般的な教育上の配慮
    合理的配慮と病気の状態等に応じた変更・調整
    学習指導要領における配慮事項
    学習指導要領の関連法令と総授業時数等
    子供の実態に応じた授業時数と各教科の内容の取扱い
    各教科の指導における配慮事項
  • 2.障害者の権利に関する条約と合理的配慮
    障害者の権利に関する条約の概要
    権利条約批准に向けた検討の経緯
    学校における合理的配慮
  • 3.個々の病状を踏まえた合理的配慮
    合理的配慮の11の観点
    症状を踏まえた合理的配慮の事例
  • 4.障害のある児童生徒の教材の充実について
    障害者の権利に関する条約
    障害者と社会的障壁
    合理的配慮と基礎的環境整備
    基礎的環境整備
    合理的配慮
    障害者である児童生徒のための教材の充実
    合理的配慮としての教材等の活用に当たって
  • 5.合理的配慮と指導内容・方法等の変更・調整
    合理的配慮の観点「教育内容・方法」
    合理的配慮の実際
    今後に向けて
  • 6.障害の状態や特性等を踏まえた教材等の整備
    病気による制限
    病気による配慮事項
    指導の実際
  • 7.転入生の学習状況を踏まえた指導内容等の調整
    前籍校の学習の内容との違いに配慮した指導
    教科用図書(教科書)
    学習空白などによる学習上の課題への対応
    指導内容等の調整
  • 8.子供のやる気を引き出す授業づくり
    私たちが出会う子供たち
    授業の前に
    授業中の関わり
    スムーズな学校復帰のために
  • 第2章 授業実例編
  • (1) 小学部:算数科・国語科
    学習の進度や理解度、学習空白の状況等が異なる学習集団への指導の工夫
    佐賀県立中原特別支援学校
  • (2) 小学部:図画工作科
    テレビ会議をとおして交流しながら深化させた取組
    ―小学部のすべての児童が同一テーマで絵画を制作する学習活動
    群馬県立赤城特別支援学校
  • (3) 小学部:家庭科
    健康に生活するための衣食住の指導、健康状態の改善に関する指導
    ―自立活動の指導を関連づけて
    大阪府立羽曳野支援学校
  • (4) 小学部:自立活動
    他者と「つながる」「やりとりする」ための表出を引き出す相互交渉の指導
    青森県立浪岡養護学校
  • (5) 中学部:数学科
    心身症等の生徒への数学の指導と評価
    ―指導内容の精選、指導方法の工夫を中心に
    愛知県立大府特別支援学校
  • (6) 中学部:理科
    実感できる理科の学習 ―生徒の実態に応じた観察・実験
    熊本県立黒石原支援学校
  • (7) 中学部:外国語科
    生徒個々のねらいを明確化し、主体的に学ぶ英語の指導
    ―前籍校での使用教科書や学習進度等が異なる生徒が一緒に学ぶ授業の工夫
    群馬県立赤城特別支援学校
  • (8) 高等部:国語科
    系統的な学習が苦手、及び特徴的な認知特性のある生徒への指導
    ―共に学び合う、高め合うことを重視して
    広島県立広島西特別支援学校
  • (9) 高等部:数学科
    姿勢保持が困難な生徒へのタブレット端末の活用
    ―クラウド活用による学校及び自宅・病棟での継続した学習
    宮城県立西多賀支援学校
  • (10)高等部:情報科
    個に応じたICT機器の活用と主体的なコミュニケーションの指導
    ―情報機器等の基礎的な知識とコミュニケーションツールとしての活用
    広島県立広島西特別支援学校
  • (11)高等部:情報科
    ICTを活用した遠隔授業による教科指導及び校外活動
    ―タブレット端末を活用できる環境の構築と活用例
    岐阜県立長良特別支援学校
  • (12)高等部:自立活動
    自分の考えを伝えることが苦手な生徒への指導の工夫
    ―思いや考えを整理する過程を視覚的にとらえる活動をとおして
    青森県立青森若葉養護学校
  • おわりに
    病弱教育の充実のために

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/