理療教育学 序説 はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師 教育学の構築

理療教育学 序説

はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師 教育学の構築

著者名 監修:吉川恵士
編:日本鍼灸手技療法教育研究会
編集代表:河井正隆・渡辺雅彦
ISBNコード ISBN978-4-86371-320-8
判型/頁 B5判/192頁
発売日 2015年8月2日発売
定価
これまで文字にすることなく、先輩から後輩に伝えられた、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師教育に関する知見・経験を、臨床・基礎研究・教員養成の指導者ら11人が言語化。
日本の理療教育の歴史、学習指導要領の変遷、学習論・教材論・評価論等を通して、理療教育の喫緊の問題や課題への解決策を見いだす。
本文をテキスト化したCD付。

  • 目次
  • 監修のことば
  • 吉川恵士(元筑波大学大学院准教授・日本理療科教員連盟顧問)
  • はじめに
  • 編集代表 河井正隆・渡辺雅彦
  • 第1章 「理療教育学」の構築に向けて
             −はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師教育学の構築−
  • 矢野 忠(明治東洋医学院専門学校教員養成学科長)
  • はじめに
    1.「鍼按」から「理療」へ
    2.理療業の現状−主として鍼灸療法の受療状況について
    3.理療教育学とその構築に向けて
    さいごに
  • 第2章 1節 江戸期の理療教育−杉山流の理療教育を中心に−
  • 香取俊光(群馬県立盲学校教諭)
  • はじめに
    1.江戸時代の理療の概要
    2.江戸時代の医療制度
    3.盲人と理療
    4.教育施設=杉山流と杉山真伝流の鍼治稽古所
    5.杉山流の技術の伝授方法
    6.杉山流の理療技術
    おわりに
  • 第2章 2節 理療教育の歴史的変遷 明治期〜昭和戦前期
  • 藤井亮輔(筑波技術大学准教授)
  • はじめに
    1.医制前史
    2.医制と漢方医の消滅
    3.鍼按業の規制と盲人の決起
    4.楽善会訓盲院と「鍼治採用意見書」
    5.組合の結成
    6.盲人鍼按専業運動
    7.営業取締規則の成立と鍼按教育の発展
    8.マッサージ教育の導入と展開
    9.鍼灸学校の誕生と展開
  • 第2章 3節 理療教育の歴史的変遷 昭和戦後期〜現在
  • 藤井亮輔(筑波技術大学准教授)
  • 1.鍼灸存廃問題と営業法の成立
    2.理療科の発足と変遷
    3.中途失明者に対する理療教育
    4.晴眼学校新設の動機とその波紋
    5.鍼灸大学の誕生と発展
    6.教員養成機関の誕生と展開
    7.医業類似行為の戦後処理と法19条
    8.変貌する鍼灸教育界の群像
    おわりに
  • 第3章 カリキュラムの編成と展開
  • 緒方昭広(筑波技術大学教授)
  • 1.「教育課程」と「カリキュラム」は同じもの?
    2.学習指導要領(教育課程)の変遷
    3.教育課程の編成と展開
  • 第4章 学習論 ―学習者の学び、アクティブ・ラーニングを考える―
  • 河井正隆(明治東洋医学院専門学校専任教員)
  • 1.学習者を巡る外的要因と内的要因
    2.学習者特性と学習方法
    3.学習方法としてのアクティブ・ラーニング
    4.ブレンディッド型e-Learningを活用した協調自律学習
    5.アクティブ・ラーニングを成功に導くために
  • 第5章 教材論
  • 工藤 滋(筑波大学附属視覚特別支援学校教諭)
  • 1.教材の定義と目的
    2.教材の作成
    3.教材の活用
    4.おわりに
  • 第6章 評価論
  • 渡辺雅彦(福島県立盲学校教諭)
  • 1.評価とは
    2.評価の流れ
    3.教育評価とは
    4.ブルームの目標分類学(タキソノミー:Taxonomy)
    5.理療教育と教育評価
    6.羅生門的アプローチ
    7.江戸の教育
    8.評価のまとめ
  • 第7章 学生指導論−理療教育における教員の役割−
  • 杉山誠一(東海医療学園専門学校理事長・校長)
  • 1.はじめに
    2.入学者選抜
    3.カリキュラム
    4.卒業認定
    5.おわりに
  • 第8章 職業教育と理療教育
  • 喜多嶋毅(大阪市立視覚特別支援学校講師)
  • 1.公教育としての理療教育の基礎について
    2.職業教育としての技術教育の在り方とその指導法について
    3.職業実態を踏まえた理療教育の在り方について
    4.卒後教育について
    5.職業教育としての理療教育の展望と課題
    6.さらなる改革について
  • 第9章 学校管理者からみた理療教育
  • 吉松政春(元福岡県立北九州視覚特別支援学校校長)
  • 1.はじめに
    2.理療教育の課題
    3.理療科教員としての課題
    4.まとめ
  • 第10章 これからのあん摩マッサージ指圧鍼灸教育に望まれるもの
  • 後藤修司(後藤学園理事長・全日本鍼灸学会会長)
  • 1.はじめに
    2.国内状況
    3.国際状況
    4.持続可能なヘルスケアの当面の要件
    5.今後の課題
  • おわりに (編集代表 渡辺雅彦)

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/