「科博」次のステップに向けて

「科博」次のステップに向けて

著者名 国立科学博物館研究会 編著
ISBNコード ISBN978-4-86371-295-9
判型/頁 A5判/本文172頁
発売日 2015年1月31日発売
定価
社会に働きかけ、新たな価値を創造していく博物館像を展望するために、博物館を取り巻く環境の変化に対してどのような考え方に立って博物館の役割を提議できるか――
本書は、独立行政法人制度の中、国立科学博物館はその特徴を最大限に生かした経営の在り方をどのように進めていけるのか、博物館と社会にある資源を活用してどのような活動を展開しうるのか、現状と課題をまとめた。博物館が定位置に存在し続けることが困難な時代、国立科学博物館を一つの事例として、これからの博物館経営を考える上で参考となる。

  • 目次
  • 『「科博」次のステップに向けて』の出版にあたり
  • 1章 博物館の役割の変化に対応する
  • 1.博物館は何を目指してきたのか
  • 1-1.博物館活動は時代と社会の要請に応じて変化し,発展していく
  • 2.博物館の基本的な機能
  • 2-1.基本的機能のどこに重点を置くかは博物館によって異なる
    2-2.資料の収集・保管,調査・研究,展示・教育の機能を有機的に結びつけ,相乗効果を発揮する
    2-3.基本的機能と社会的要請との関係を考える
  • 3.変化する社会における博物館の役割
  • 3-1.博物館は教育を目的の一つとし,教育は博物館経営の中核をなす
    3-2.期待される役割
    3-3.新たに期待される役割
    3-4.期待に応えるために
  • 4.ナショナルミュージアムとしての機能を充実する
  • 4-1.アジア及び世界における科博の役割
    4-2.国立の総合的科学博物館の拡充
    4-3.博物資源を活用する
  • 2章 質の高い博物館活動に資する安定した経営を目指す
  • 1.独立行政法人制度の意義と課題
  • 1-1.独立した法人格を持ち自律的な運営を行う
    1-2.制度上は自律的な組織編成や人員配置,財政運営が可能
    1-3.運営上明らかになった課題
  • 2.より質の高いサービスの提供へ
  • 2-1.ミッションを明確にし,実現する仕組みを整備する
    2-2.経営戦略を構築する
    2-3.経営資源を多様化する
    2-4.経営システム??人員や財源等の資源配分を戦略的に行う
    2-5.組織文化を改革する
    2-6.今後の課題
  • 3章 新たな活動を展開する
  • 1.魅力ある展示活動の展開
  • 1-1.「展示」にはいろいろあるけれど
    1-2.展示は研究成果の還元〜科博の展示のバックグランドにあるもの
    1-3.博物館の展示に求められるもの
    1-4.科博における展示構成
    1-5.科博の常設展示
    1-6.企画展示
    1-7.展示ができるまでの長い道のり
    1-8.より展示を活用してもらうための取り組みと課題
  • 2.生涯学習社会に対応した教育活動
  • 2-1.教育活動は生涯にわたる学習機会を創る
    2-2.教育活動の特徴を生かす
    2-3.科学と社会をつなぐ仕組みを工夫する
    2-4.社会の物的・人的・知的資源を活用した教育活動
    2-5.連携による新しい知・サービスの協創
    2-6.課題
  • 3.自然史・科学技術史に関する中核的研究機関の役割
  • 3-1.研究機能を充実させる
    3-2.つくば移転によって研究機能を充実する
    3-3.社会における科博の研究の意義を検討する
    3-4.研究部から社会へ発信する
  • 4.標本資料の収集・保管・活用
  • 4-1.標本資料の収集・管理・活用を統合的に推進する
    4-2.DNA資料と標本を統合的に収集・管理・活用する
    4-3.コレクション管理を充実する
    4-4.自然史系博物館のネットワークを充実する
    4-5.GBIF(地球規模生物多様性情報機構)に貢献する
    4-6.重要科学技術史資料の登録・保存活用を支援する
    4-7.標本資料のセーフティネットを構築する
    4-8.大災害から標本資料を守る
  • 5.社会の要請に対応した人材養成・活用
  • 5-1.研究者を養成する
    5-2.サイエンスコミュニケーションを担う人材の養成
    5-3.ボランティア
  • 6.社会の要請に応えるための連携協力
  • 6-1.博物館の機能を拡大・充実するための連携
    6-2.地域との連携
    6-3.企業との連携
    6-4.博物館連係
    6-5.国際連携
    6-6.連携協力をさらに進めていくために
  • 7.広報は目的意識をもって
  • 7-1.相乗効果を生かす戦略的広報活動
    7-2.具体的な広報活動
    7-3.より効果的な広報活動のために
  • 8.快適な博物館環境の整備〜お客様サービス
  • 8-1.快適で楽しい空間を目指して
    8-2.来館者調査の結果を鑑賞環境の改善に反映
    8-3.来館者調査から見る今後の課題
    8-4.頭が痛い見学マナー対策
    8-5.何度でも足を運びたくなる博物館へ〜リピーターの確保
  • あとがき

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/