特別支援教育におけるATを活用したコミュニケーション支援

特別支援教育におけるATを活用した

コミュニケーション支援

著者名 独立行政法人国立特別支援教育総合研究所 教育研修情報部
総括研究員 金森 克浩/編著
ISBNコード ISBN978-4-86371-138-9 C3037
判型/頁 B5判/160頁
発売日 2010年6月発売
定価
本書ではAT(アシスティブ・テクノロジー)=障害による物理的な操作上の困難や障害(バリア)を、機器を工夫することによって支援しようという考え方(「教育の情報化に関する手引き」より)に着目しました。おもちゃや絵カード、VOCA、テレビ会議システム、e-黒板などローテクからハイテクまで、ATを活用したコミュニケーション支援の実践を紹介しています。

  • 本書の概要
  • 障害のある子どものコミュニケーションを豊かしたい。
    そんな思いからこの本は作られました。
  •  本書の構成は第1章にその理念的な考え方や関係する施策などが書かれています。まだATについて詳しくない方は第1章からお読みください。そして、続く第2章からはニーズに応じた章立てとなっています。自分の関心がある章から読み始めていただくのがいいでしょう。また、多くの先生方に実践事例を書いていただきましたので、具体的な例を見ながら、学校での実践に活かしてください。
  • 第1章 特別支援教育におけるコミュニケーション支援
    第2章 障害の重い子どもたちへのAACの活用
    第3章 学習やコミュニケーションへのコンピュータの活用
    第4章 VOCAやシンボル等を使ったコミュニケーション支援
    第5章 ネットワークを使ったコミュニケーション支援
    第6章 発達障害の子どもたちへの学習を支えるテクノロジーの活用
    第7章 視覚障害の子どもたちへの情報機器
    第8章 聴覚障害の子どもたちへの情報保障
  •  
  • 対象
  • 【視覚障害】【聴覚障害】【知的障害】【肢体不自由】【病弱】【発達障害】
  • 巻末索引をご利用いただければ、読みたいページから読むことができます。
  • (以下は掲載箇所の多い言葉の例)
    ICT(11ヶ所)、VOCA(21ヶ所)、Web(17ヶ所)、インターネット(21ヶ所)、おもちゃ(9ヶ所)、キーボード(17ヶ所)、携帯電話(11ヶ所)、シンボル(15ヶ所)、スイッチ(34ヶ所)、ネットワーク(17ヶ所)、マウス(20ヶ所)、メール(11ヶ所)
  •  
  • 目次
  • 第1章 概説 特別支援教育におけるコミュニケーション支援
  • 事例(1) 「支援機器の適用のための会議」の実践
  • ─AT(アシスティブ・テクノロジー)コンシダレーションの試行─
  • 第2章 概説 障害の重い子どもたちへのAACの活用
  • 事例(1) 重度児のコミュニケーション活動を盛んにするバナナジュース作り
  • 事例(2) VOCAで子どもが主導権を持つ「大きなかぶ」
  • 事例(3) 日常生活につなげるためのコンピュータ利用
  • 事例(4) 子どもたちが主体的に取り組むことのできる「朝の会」
  • 事例(5) 事例1 棒スイッチと電動カーテンを使った発表活動
  • 事例2 棒スイッチとVOCA(どな〜るくん)を使った活動
  • 第3章 概説 学習やコミュニケーションへのコンピュータの活用
  • 事例(1) トラックボールの事例
  • 事例(2) 発語を促すVOCAの利用方法
  • 事例(3) タッチパネルで楽しもう
  • 事例(4) 四肢にまひのある生徒のパソコン利用
  • ─入力スイッチ一つだけでパソコンを自力で操作─
  • 事例(5) インテリキーを使った事例
  • 第4章 概説 VOCAやシンボル等を使ったコミュニケーション支援
  • 事例(1) 写真カードやVOCAで、休み時間に自分のやりたい遊びができるための支援
  • 事例(2) 携帯型フォトフレームを使ったコミュニケーション支援
  • 事例(3) タイムエイドは誰のもの?
  • ─冷たい通告ではなく、温かいコミュニケーションの基点に─
  • 事例(4) VOCAで無理なく楽しく!
  • 事例(5) ローテクコミュニケーションエイドを利活用した実践
  • ─週間スケジュールボードを使った衣替え─
  • 事例(6) AT玩具から始めるコミュニケーション学習
  • 第5章 概説 ネットワークを使ったコミュニケーション支援
  • 事例(1) ICTを活用した疑似体験学習
  • 事例(2) 一人一人が輝く就労支援
  • 事例(3) インターネットクリニクラウンについて
  • 事例(4) ICTを活用した交流及び共同学習
  • ─スムーズな前籍校への復学を目指して─
  • 事例(5) インターネットを活用した共同学習 ─チャレンジキッズでの実践─
  • 第6章 概説 発達障害の子どもたちへの学習を支えるテクノロジーの活用
  • 事例(1) マルチメディアDAISYを活用した読字指導
  • 事例(2) 支援機器で困っていることを解決 ! !
  • 事例(3) 発達障害の子どもたちへの教材教具事例
  • 事例(4) デジタルペンを使った事例
  • 事例(5) プロジェクターを使った事例
  • 第7章 概説 視覚障害の子どもたちへの情報機器
  • 事例(1) 音声対応のRSSリーダー(NewsToSpeech)を活用した情報の統合(高等部:情報A)
  • 事例(2) 重複障害児への指導について
  • 事例(3) 読書環境の構築 ─いつでも、どこでも─
  • 事例(4) 専攻科における「情報」の授業について
  • 事例(5) ケイボードで学ぶ国語
  • 第8章 概説 聴覚障害の子どもたちへの情報保障
  • 事例(1) 携帯電話でのコミュニケーションを安全に行うために
  • 事例(2) 聾学校間のテレビ会議を活用した共同実験による数学学習
  • 事例(3) 視聴者の立場に立った動画コンテンツの作成
  • 事例(4) 見える校内放送
  • 事例(5) e−黒板の活用

新刊書籍

パブリシティ情報

NHK総合(全国放送)「空知くん3歳―心と心で会話する親子―」 11月24日(水)の放送で『はるの空』の春日さん親子が放映されました。
『はるの空』
肢体不自由教育252号
(令和3年11月発行) 図書紹介
『みんなにやさしい授業の実践』
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
重度・重複障害児の学習とは?
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
これ一冊でわかる「教育相談」
北日本新聞 9/5 記事
はるの空
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『今日からできる! 小学校の交流及び共同学習』
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『教材知恵袋 自立活動編』
埼玉新聞2021.8.6
『私たちが命を守るためにしたこと』の記事が掲載されました。
TBSラジオ「人権TODAY」(土曜日8時20分〜)、7月3日の放送で、
『私たちが命を守るためにしたこと』の本が取り上げまれます。
肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/