[日英対訳]外国人がよく聞く 日本の学校Q&A

[日英対訳]外国人がよく聞く

日本の学校Q&A

著者名 全国海外教育事情研究会 編著
ISBNコード  
判型/頁 B5判/150頁
発売日 1999年4月発売
定価
 

  • 全海研会長メッセージ
  • 世界はますます狭くなりました。外国はますます近くなりました。21世紀に生きる子どもたちは、より一層身近になった世界で活躍することになるのです。現在、教育に「国際化」が強く求められる所以です。
  • この流れの中で、学校は国際理解教育を通じて、人間理解、男分化理解と合わせてコミュニケーション能力の育成に取り組んでいます。国際理解教育で、最も効果が大きいのは子どもたちを国際的な環境に入れてしまうことであるといわれています。もともと子どもは大人以上に「国際的」であり、最上の外交官であるともいわれています。
  • このことは、1997年から行われている国際交流基金中学・高等学校教師招へい事業による学校での外国人教師の訪問受け入れの様子に見ることができます。この学校では、国際理解教育の一環として、全校挙げての取組みで外国からの先生方を歓迎し、授業の参観や一緒に給食を食べたり、歌をうたったり、ゲームをやったりすることを通して、子どもたちに国際理解を身をもって経験させたのです。
  • 全海研(全国海外教育事情研究会)は文部省教員海外派遣により海外で研修された先生方の成果を組織的・継続的に発展させて教育界に貢献し、さらに国際理解教育、国際交流を推進する目的で1975年に創設されました。以来、外国からの訪問者の受入れや各国教育関係者の国際教育者会議等を通じての招へいを行ってまいりましたが、その折に外国の先生方から日本の教育や学校についての具体的でジャーナリスティックな質問が数多くされるようになってきました。
  • それらに応えるべく、このたびデータ等を豊富に加えた「日本の学校Q&A」日英版を作成いたしました。日本の学校をより一層理解していただくために、先生方、教育関係者に活用していただきたいと存じます。また、外国の先生方には日本の学校が教育の改革と推進に取り組んでいることをご理解頂くための資料としてお役に立てていただきたいと願っております。
  •  
  • 目次
  • 1.学校は何をしようとしていますか?
  • 1.幼児はみんな幼稚園に行くのですか?
  • 2.子どもたちは何歳から何歳まで学校に行くのですか?
  • 3.小学校では何に重点をおいて教えていますか?
  • 4.小学校で英語を教えていますか?
  • 5.中学校では何に重点をおいて教えていますか?
  • 6.給食はどのように行われていますか?
  • 7.中学卒業者のほとんどが高等学校にいくのはなぜですか? また、普通科に行く生徒が多いのはなぜですか?
  • 8.高等学校では何に重点をおいて教えていますか?
  • 9.高等学校では、学力や興味・関心がそれぞれ違う子どもをどのように教えていますか?
  • 10.新しい形の高等学校はこれまでの高等学校とどこが違いますか?
  • 11.障害のある子どもたちは希望する教育を受けていますか?
  • 12.子どもたちは授業ごとに教室を移動するのですか?
  • 13.子どもたちは放課後をどのように過ごしていますか?
  • 14.私立学校はどれくらいありますか? どういう子どもが私立学校に行くのですか?
  • 15.子どもはとれくらい減っていますか? そのために余った教室はどう使いますか?
  • 16.通信簿はどのような形式でどのようにして評定をするのですか?
  • 17.近年、図は学校教育についてどのようなことをしようとしていますか?
  • 2.学校はどのように運営されていますか?
  • 1.校長室に教育目標が掲げてありますが、子どもの教育にどう生かされていますか?
  • 2.学校にはどのような行事がありますか?
  • 3.幼・小・中・高等学校や養護学校では、子どもは1学級に何人いるのですか?
  • 4.幼・小・中・高等学校や養護学校で、一人当たりどのくらいの教育費を使っていますか?
  • 5.公立学校、私立学校で、保護者の負担する教育費はいくらぐらいですか?
  • 6.教育費の家計に占める割合はどのくらいですか?
  • 7.PTAとはどのような組織で、どんな活動をしていますか?
  • 3.学校ではどのような計画で教えていますか?
  • 1.学習指導要領は子どもたちを教えるのに役に立っていますか?
  • 2.先生は教科書を好きなように選び、使うことができますか? 教科書は子どもたちが買うのですか? 家にもって帰れますか?
  • 3.小学校の生活科では何を教えるのですか?
  • 4.中学校では、英語は選択科目なのに全員が勉強しているのはなぜですか?
  • 5.高等学校で世界史や家庭科が必修なのはなぜですか?
  • 6.小・中学校の学級活動や高等学校のホームルーム活動のねらいは何ですか?
  • 7.子どもたちが取り決めをしたり、学校にいいたいことがあった場合にはどうしますか?
  • 8.中・高等学校の放課後のスポーツなどを学校外でしないのはなぜですか?
  • 9.速足や修学旅行はどのように行われますか?
  • 10.運動会や体育祭ではどんなことをしますか?
  • 11.文化祭ではどんなことをしますか?
  • 4.学校ではどのように教えていますか?
  • 1.勉強の進度が早い子どもたちには特別な教え方をしていますか?
  • 2.勉強についていけない子どもには、どのように教えていますか?
  • 3.いじめによる事故件数はどれくらいありますか?
  • 4.いじめを受けた子どもが、学校にこられるようにするためにどんなことをしていますか?
  • 5.子どもの非行件数はどれくらいありますか?
  • 6.非行を犯した子どもは学校でどのように扱われていますか?
  • 7.神戸の中学生が引き起こした事件はその後どうなっていますか?
  • 8.中学生のナイフによる事件はどうなっていますか?
  • 9.学校でのカウンセラーはどのようなことをしていますか?
  • 10.子どもたちが他人を思いやるようにするために、どのようなことを教えていますか?
  • 11.コンピュータはどれくらいの学校が持っていますか?
  • 12.中・高等学校で英語が話せるようになるために、どのような教え方をしていますか?
  • 13.年寄りや体の弱い人と連帯して生きるためにどのようなことを教えていますか?
  • 14.他の国の人々と仲良く生きていくために、どのようなことを教えていますか?
  • 15.地球の環境を大切にするために、どのようなことを教えていますか?
  • 16.学校週5日制になって子どもたちの様子はどうですか?
  • 5.先生はどんな暮らしをしていますか?
  • 1.先生になるにはどのような資格がいりますか?
  • 2.先生はどのようにして採用されますか?
  • 3.はじめて先生になったとき、どのような研修を受けるのですか?
  • 4.先生は給料だけで生活していけますか?
  • 5.先生は何時ごろ学校に来て、何時ごろ帰宅するのですか?
  • 6.先生は子どもにどんな懲戒ができますか?
  • 7.先生の非行はどのくらいありますか?
  • 8.日本の教員組合はどうなっていますか?
  • 9.近頃子どもが減ってきたといいますが、学校にどんな変化がありますか?
  • 10.学校には教師のほかにどのような人が働いていますか?
  • 11.不登校・登校拒否の子どもに対して学校はどうしているのですか?
  • 12.養護教諭は不登校の子どもたちに対してどんな働きをしていますか?
  • 13.校長・教頭・指導主事になるにはどのようにすればよいのですか?
  • 14.先生は、定年退職したら退職手当や年金はどのくらいもらえますか?
  • 15.女の先生はどのくらい活躍していますか?
  • 16.先生はどんな悩みをもっているのですか?
  • 6.どのようにして、上の学年や学校に進みますか?
  • 1.子どもの入学、進級、卒業の時期はいつですか?
  • 2.子どもの落第はありませんか?
  • 3.国・公立高等学校に人るにはどんな試験がありますか?
  • 4.私立小・中・高等学校に入るにはどんな試験がありますか?
  • 5.子どもは何のために塾に通うのですか?
  • 6.小・中学校の長期欠席の子どもはどのくらいいますか?
  • 7.高等学校を途中でやめる子どもはどのくらいいますか?
  • 8.大学や短大等に進学する子どもはどのくらいいますか?
  • 9.その年に大学や短大等に進学しなかった子どもはどうするのですか?

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/