指導・援助の入門 障害のある子どものコミュニケーション

指導・援助の入門

障害のある子どものコミュニケーション

著者名 元 全国特殊学校長会会長・元 東京都立北養護学校校長 林 友三
ISBNコード ISBN978-4-921124-17-5 C3037
判型/頁 B5判/176頁
発売日 2003年6月発売
定価
平易で丁寧な表現。子どもから離れない“指導レベルの内容”
コミュニケーションの指導・援助/実践に裏付けられた視点・観点からの事例/指導体験と指導援助の分析、具体的な引用/多数の教材・教具のイラストを掲載

  • ご案内
  • 「創作した教材・教具を用いた指導・援助で、子どもたちの学習がより良く行われ、子どもに笑顔が見られた時、教師冥利を味わうに違いありません」
  • 現在、学校をはじめいろいろな場面で、コミュニケーションという用語が多種多様に使われています。この状況の中で意図的にコミュニケーションの指導・援助している場合と、無意識にコミュニケーションの指導・援助になっている場合があります。意図的にコミュニケーションの指導・援助をする場合の私の基本的考え方や実際の工夫を紹介したのが、本書ということになります。
  • 本書はコミュニケーションの指導・援助について、いろいろな研究会や書籍、講演等から学んだことを実際に指導・援助して、確かめて、障害のある子どもたちに役立つ、あるいは適していると考えられる内容を書いたものです。障害の重さや種類を越えてすべての子どもに対応できるような内容を書いたつもりです。
  • 指導・援助の実際に一番大切なことは、基本的な考え方です。本書では通常、指導という用語を指導・援助として書いています。教員や保護者等は、意図的に指導・援助することを押さえながら、子ども自身の主体的な学習の援助をすることが大切である、という考え方によるものです。そして子どもたちが主体的に学習するためには、教員や保護者等の教材・教具の作製や使い方の工夫が必要です。教員や保護者等が子どもたちの状態に適した教材・教具を創作することが重要です。「創作した教材・教具を用いた指導・援助で、子どもたちの学習がより良く行なわれ、子どもに笑顔が見られた時、教師冥利を味わうに違いありません。」
  • (著者後書より)
  •  
  • 目次
  • 第1章 指導・援助のための基本的な考え方
  • 1.「コミュニケーション」という言葉
  • 1.「コミュニケーション」のいろいろな例
  • 2.子どもとのコミュニケーションにおける親や教員等は援助者
  • 3.ことばの指導・援助からコミュニケーションの指導・援助へ
  • 4.コミュニケーションの指導・援助は、すべての子どもが対象
  • 5.援助者と子どものコミュニケーションの指導・援助の例
  • 6.子どもが応じられるよう援助者が働きかけること
  • 2.コミュニケーションとその指導・援助
  • 1.「コミュニケーション」は相互の伝達
  • 2.連続したコミュニケーションの成立
  • 3.コミュニケーションの指導・援助のねらい
  • 4.情報伝達の手段は多様
  • 5.相互伝達の例
  • 6.コミュニケーションの障害は、二者の関係の障害
  • 7.原初的コミュニケーション
  • 3.コミュニケーションの指導・援助は、総合的な指導・援助
  • 1.便宜的なコミュニケーションの指導・援助の内容
  • 2.コミュニケーションの手段
  • 3.コミュニケーション成立の方程式(仮説)
  • 4.子どもの見方(児童観・教育観)
  • 1.持ち前の能力と発揮されている能力の差
  • 2.人間関係の中で、子どもを理解すること
  • 5.指導・援助の目標を定める
  • 1.長期目標と短期目標
  • 2.全体的な目標と部分的な目標
  • 3.子どもの実態に即した指導・援助の目標の設定
  • 6.コミュニケーションの成立
  • 1.成立の仕方
  • 2.成立させるための工夫
  • 3.指導・援助内容の選択
  • 第2章 指導・援助の事例
  • 1.指導・援助の実際例
  • 1.姿勢の工夫
  • 2.目の使い方の学習の工夫
  • 3.手の動かし方の学習の工夫
  • 4.給食の場面におけるコミュニケーションの指導・援助の工夫
  • 5.T子のはめ板の指導・援助の事例
  • 6.A児の指導・援助の事例
  • 7.「多動」と言われる子どもの指導・援助の工夫
  • 8.多動と言われる子どもの「玉入れ」の指導・援助の工夫
  • 2.教材・教具の使用例
  • 1.ガラガラの使い方の工夫・その1
  • 2.ガラガラの使い方の工夫・その2
  • 3.スイッチ板の使い方の工夫
  • 4.玉入れ学習(玉入れ教材を使った学習)の工夫
  • 5.玉ころがしの学習の工夫
  • 6.アルミ管の学習の工夫
  • 7.アルミ管の移し替えの学習の工夫
  • 8.棒通しの学習の工夫
  • 9.板通しの学習の工夫
  • 10.点滅板および電球の動きの学習の工夫
  • 11.磁石鋲の動きの学習の工夫
  • 12.スライディングブロックの学習の工夫
  • 13.宝探し(その1)の学習の工夫
  • 14.宝探し(その2)の学習の工夫
  • 3.教材・教具の工夫に当たっての基本的な考え方(自問自答)
  • 1.スプーン(道具)を使えるようになるまでの学習の内容・順序は何か
  • 2.右手を動かす(使う)時の左手の役割は何か
  • 3.生理学的感覚と人としての感覚の違いは何か
  • 4.物を滑らすとは、どんなことか

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/