こうやればできる! 知的障害特別支援学校の「主体的・対話的で深い学び」

こうやればできる!

知的障害特別支援学校の「主体的・対話的で深い学び」

著者名 吉田 真理子(洗足学園音楽大学・大学院教授/教職センター長) 編著
ISBNコード ISBN978-4-86371-512-7
判型/頁 B5判/146頁
発売日 2019年9月20日発売
定価
「自分でやらないと、やれるようにならない。」
子供のできることとできないことを見極めて適切な課題を設定し、自発的に持てる力を使うことで能力を伸長させるとともに、教育環境を整え、小中高の12年間を「ことば」でつなぐ。
知的障害特別支援学校長を11年間務めた筆者による、「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指した研究活動の集大成となる一冊。

  • 目次
  • 第1章 「主体的・対話的で深い学び」の基本
  • 「主体的・対話的で深い学び」の基本と実現に向けて
    1 「主体的・対話的で深い学び」の前提
    2 意欲・言語・思考と発達障害
    3 意欲の障害と原因
    4 「テレビゲームvs.授業」にみる意欲の違い
    5 周囲との関係性と負の心理反応と行動
    6 あらためて「テレビゲームvs. 授業」にみる意欲の違い
    7 「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて
  • 第2章 「主体的・対話的で深い学び」を実現する研究活動
  • 1 研究活動について
    1 研究推進のための重層的な仕組みづくり
    2 PDCAサイクルを活用した実践研究
    3 やってほしいことは書式の中に仕掛けておく
  • 2 高い成果を上げる研究の仕組み
    1 研究活動の3本柱
    2 使う言葉を共通理解する
    3 役割分担をして、研究体制を構築し、目標や役割を視覚化する
    4 研究で必要な研修を行う
    5 PDCAサイクルによる研究計画と年間スケジュールの提示
    6 効果的な研究活動を行うために
    7 サブテーマにみる研究活動の変遷
  • Column1 職員会議から〜「実践報告会」〜
    Column2 教材教具発表会
  • 第3章 知的障害特別支援学校における
  • 「主体的・対話的で深い学び」とは
  • 1 知的障害特別支援学校における
    「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて
    1 自立活動の基盤のある教科指導のために
    2 知的障害特別支援学校における主体的・対話的で深い学び
    3 社会資源との連携でさらに充実する双方の学び合い
  • 2 自立活動のベースの上に成り立つ教科学習
    1 分かる授業のための4つのベース
    2 自立活動のベースの上に成り立つ教科学習
    3 分かる授業のための4つのベースの具体的内容
  • 【4つのベースを活かした実践事例】
  • (1)小学部 社会性の学習
    言語技術向上のための基礎指導〜質問に答えることをとおして〜
  • (2)高等部 理科
    豆電球回路の実験の結果を論理的に表現する実践
  • (3)小学部 国語
    文字に関心をもって読むことができるための指導
  • (4)中学部 国語
    文章の構成を理解して書くための基礎指導
  • (5)高等部 作業学習
    適切な接客を行うための指導
  • (6)高等部 情報
    一人でワープロソフトの文書作成ができるための指導
  • (7)小学部 音楽
    音楽に親しむための初期段階の指導
  • Column3 木工コンクール 都知事賞
    Column4 高等部作業班と企業との連携(1)
    Column5 高等部作業班と企業との連携(2)
  • 第4章 外部専門家との連携
  • 1 外部専門家との連携にあたって
    1 連携するために必要な素地
    2 組織体制
    3 外部専門家に求められる資質・能力
    4 ティームアプローチを目指す
  • 2 外部専門家との連携?連携を成功させるために?
    1 連携する目的
    2 外部専門家の一日の流れ
    3 プロジェクトリーダーの役割
    4 学部担当者の役割〜連携の決定から終了までの流れ〜
    5 担任の役割〜アセスメントの日程や受ける人の決定から終了までの流れ〜
    6 「カンファレンス記録便り」から専門家のアドバイスの例
  • Column6 狂言体験教室
    Column7 藝大21藝大アーツ・スペシャル2016の楽屋裏
    Column8 文化庁主催「共に生きるアーツ」に合唱同好会が出演
  • 第5章 小・中・高のつながりのある学び
  • 1 小・中・高のつながりのある教育
    1 「ことば」でつなぐ12年
    2 スケジュール指導
    □ 何故「教室環境」や「手だて」が大切なのか?
  • 2 「ことば」でつなぐ小学部・中学部・高等部
    1 コミュニケーション支援とは
    2 コミュニケーションの初期指導方法
    3 「コミュニケーションブック」の活用
    4 言語技術教育とは
  • 3 スケジュール帳の活用でつなぐ小学部・中学部・高等部
    1 スケジュール支援とは
    2 スケジュール支援の初期指導
    3 スケジュール帳活用の支援
    □ 「コミュニケーションブック」の活用例
  • Column9 自律調整学習者への道〜インディペンデントからワークシステムへ〜
    Column10 50 周年記念ロゴについて
  • 第6章 まとめにかえて
  • 主体的、対話的な学びを描く研究活動を5年間支えて
    1 基礎固め〜「自閉症教育」「授業改善」、そして「ことば」〜
    2 自閉スペクトラム症(ASD)への迅速、かつ科学的根拠に基づく対応
    3 教育カリキュラムの提示〜教師は授業のプロである〜
    4 新たなカリキュラムの創造に向けて、トライし続けよう!

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/