重度・重複障害児の造形活動 ―QOLを高める指導理論―

重度・重複障害児の造形活動

―QOLを高める指導理論―

著者名 著 池田吏志
ISBNコード ISBN978-4-86371-451-9 C3037
判型/頁 A5判/516頁
発売日 2018年2月19日発売
定価
■造形活動を通してQOLを高めるには…
本書は、著者が研究協力機関(特別支援学校)で実際に造形活動の授業を行い、どのような教材を使い、どのような授業を行えば重度・重複障害児のQOL(Quality of Life)を高められるか、調査・研究を行った結果である。
児童生徒から発せられる様々なサインを読み取り、教材や環境に工夫を加える。そこで目指されたのは、「意欲の向上」と「最大限の能力発揮」が可能となる指導理論の生成である。造形活動だけではなく、きっと様々な授業づくりのヒントになるはず。

  • 目次
  • まえがき
  • 序文
  • 第1部 先行研究の検討と研究目的
  • 第1章 文献レビュー
  • 第1節 美術科教育と特別支援教育の複合領域に関する研究の文献レビュー
  • 第2節 国内における重度・重複障害児の造形活動に関する研究の文献レビュー
    第1項 文献収集の方法
    第2項 レビュー
    第3項 考察
  • 第3節 海外における重度・重複障害児の造形活動に関する研究の文献レビュー
    第1項 文献収集の方法
    第2項 レビュー
    第3項 考察
  • 第4節 特別支援教育分野における重度・重複障害児を対象とした関わりに関する研究の文献レビュー
    第1項 文献収集の方法
    第2項 レビュー
    第3項 考察
  • 第5節 重度・重複障害児のQOLに関する研究の文献レビュー
    第1項 文献収集の方法
    第2項 レビュー
    第3項 考察
  • 第2章 本研究の目的
  • 第1節 問題の所在と研究目的
    第1項 問題の所在
    第2項 本研究の目的
    第3項 QOL向上を目指す理由
  • 第2節 用語の定義
    第1項 重度・重複障害児の定義
    第2項 造形活動、及び作品の定義
    第3項 関わりの定義
    第4項 QOLの定義
  • 第2部 重度・重複障害児を対象とした造形活動の理論的構造
  • 第3章 理論的枠組みとリサーチ・クエスチョン
  • 第1節 理論的枠組み
  • 第2節 リサーチ・クエスチョン
  • 第4章 研究デザイン
  • 第1節 第2部で用いる研究方法
    第1項 研究方法の検討
  • 第2節 データ収集の方法
    第1項 研究者の背景
    第2項 研究対象校
    第3項 データ収集の方法
  • 第3節 データ分析の方法
  • 第4節 妥当性と信頼性
  • 第5節 研究倫理
  • 第5章 結果と考察
  • 第1節 造形活動における児童生徒と教員との関わり
    第1項 分析結果
    第2項 考察
    1.カテゴリー1「教材教具を介した支援」
    2.カテゴリー2「コミュニケーション」
    3.カテゴリー3「社会心理的環境づくり」
  • 第2節 造形活動における学習指導
    第1項 分析結果
    第2項 考察
    1.カテゴリー4「実態把握」
    2.カテゴリー5「題材開発」
    3.カテゴリー6「評価」
  • 第3節 造形活動でのティーム・ティーチングにおける教員間の関わり
    第1項 用語の整理
    第2項 分析結果
    第3項 考察
    1.カテゴリー7「副担当教員の役割」
    2.カテゴリー8「主担当教員の役割」
    3.カテゴリー9「教員集団の役割」
  • 第4節 第2部の成果
  • 第3部 重度・重複障害児のQOLを高める造形活動の指導理論
  • 第6章 重度・重複障害児のQOLを高める造形活動の指導理論
  • 第1節 重度・重複障害児を対象としたQOL評価の課題
  • 第2節 第3部で用いるQOL評価の方法
    第1項 QOL評価の観点
    第2項 QOL評価のルーブリック
    第3項 QOL評価の手順
  • 第7章 第1期アクション・リサーチ
  • 第1節 目的
  • 第2節 仮説
  • 第3節 実践方法
  • 第4節 データ収集の方法
  • 第5節 分析方法
  • 第6節 結果
  • 第7節 仮説検証
  • 第8節 考察
  • 第9節 成果と課題
    第1項 成果
    第2項 課題
  • 第8章 第2期アクションリサーチ
  • 第1節 目的
  • 第2節 仮説
  • 第3節 実践方法
  • 第4節 データ収集の方法
  • 第5節 分析方法
    第1項 仮説検証の方法
    第2項 授業改善モデル、授業改善フローチャート、授業改善チェックリスト作成の方法
  • 第6節 結果
  • 第7節 仮説検証
  • 第8節 授業改善モデル、授業改善フローチャート、授業改善チェックリスト作成
    第1項 質的分析の結果
    第2項 授業改善の観点と理論的構造
    第3項 授業改善モデル、授業改善フローチャート、授業改善チェックリスト
  • 第9節 成果と課題
    第1項 成果
    第2項 課題
  • 第9章 第3期アクションリサーチ
  • 第1節 目的
  • 第2節 仮説
  • 第3節 実践方法
  • 第4節 データ収集の方法
  • 第5節 分析方法
  • 第6節 結果
  • 第7節 仮説検証
  • 第8節 成果と課題
    第1項 成果
    第2項 課題
  • 第10章 総合考察
  • 第1節 重度・重複障害児のQOLを高める造形活動の指導理論
  • 第2節 本研究の成果
  • 第3節 今後に向けた示唆
  • 第4節 本研究の限界と今後の課題
  • 註、及び参考・引用文献
  • 図版出典
  • 初出一覧
  • 謝辞
  • 索引

新刊書籍

Information

【TV放送】(YouTubeも配信)
テレメンタリー2024「世界一きれいな言葉」全国放送! 『はるの空』の著者、春日晴樹さんのドキュメントです。「手話」のこと理解できます。
テレビ朝日2/3(土)午前4:50~、朝日放送テレビ2/4(日)午前4:50~、北海道テレビ放送2/4(日)午前10:30~
【イベント】
第48回 淑徳大学 発達臨床研修セミナーが2023年8月5・6日(土・日)に開催されます。
肢体不自由教育2023年259号
『発達に遅れがある子どものためのお金の学習』
『特別支援教育における学校・教員と専門家の連携』
『かゆいところに手が届く重度重複障害児教育』
書評が掲載されました。
『発達に遅れがある子どものためのお金の学習』
『特別支援教育における学校・教員と専門家の連携』
『かゆいところに手が届く重度重複障害児教育』
週刊教育資料 第1691号2023年2月20日号
『発達障害・知的障害のある子どものSNS利用ガイド』の書評が掲載されました。
『発達障害・知的障害のある子どものSNS利用ガイド』
点字毎日新聞 第1251号
『視覚障害のためのインクルーシブアート学習』の記事が掲載されました。
『視覚障害のためのインクルーシブアート学習』
肢体不自由教育2023年258号
『障害の重い子供のための 各教科の授業づくり』書評が掲載されました。
『障害の重い子供のための 各教科の授業づくり』
週間教育資料2023年1月16日 No.1687
『大人の発達障害 「自分を知ること」「人に伝えること」』書評が掲載されました。
『大人の発達障害 「自分を知ること」「人に伝えること」』
理科教室2月号 vol.818
(2023年02月01日発行)
『中学・高校物理の学びに役立つ実験集』盲学校の物理実験の工夫と生徒を育む授業として記事が掲載されました。
『中学・高校物理の学びに役立つ実験集』
月刊人材ビジネス vol.438 (発売日2023年01月01日) 『労使関係法の理論と実務』
人材ビジネス関係者にお勧めの一冊として記事が掲載されました。
『労使関係法の理論と実務』
北羽新報 2022.9.13
山口新聞 2022.9.19
『はるの空』春日さん夫婦の民泊運営についての記事が掲載されました。
『はるの空』
肢体不自由教育2022.257号
『障害の重い子どもの授業づくり 最終章』 の書評が掲載されました。
『障害の重い子どもの授業づくり 最終章』
肢体不自由教育2022.256号
『自立活動ハンドブック第1巻〜第3巻』『障害のある子供の教育支援の手引』 の書評が掲載されました。
『自立活動ハンドブック第1巻』
『障害のある子供の教育支援の手引』
肢体不自由教育2022.255号
『インクルーシブ教育システムを進める10の実践』 『知的障害教育における「学びをつなぐ」キャリアデザイン』 の書評が掲載されました。
『インクルーシブ教育システムを進める10の実践』
『知的障害教育における「学びをつなぐ」キャリアデザイン』
NHK総合(全国放送)「空知くん 3歳 〜空知の声は聞こえなくても〜」
本放送 4月1日(金) 午後7時30分-
再放送 4月2日(土) 午前10時55分-
『はるの空』の春日さんの家族を追ったドキュメント番組が放送されます。聴覚に障害のある両親と3歳の息子空知くんの成長記録です。
『はるの空』
特別支援教育研究2022年4月号『キャリア発達支援研究8 いま、対話でつなぐ願いと学び』の 書評が掲載されました。
『キャリア発達支援研究8 いま、対話でつなぐ願いと学び』
実践みんなの特別支援教育2022年4月号 『知的障害教育における「学びをつなぐ」キャリアデザイン』の 書評が掲載されました。
『知的障害教育における「学びをつなぐ」キャリアデザイン』
肢体不自由教育2022.254号 『インクルーシブ教育システム時代の就学相談・転学相談』の書評が掲載されました。
『インクルーシブ教育システム時代の就学相談・転学相談』
上毛新聞文化欄 2022.3.1
『視覚障害のためのインクルーシブアート学習』の記事が掲載されました。
『視覚障害のためのインクルーシブアート学習』
あとはとき第13号『視覚障害教育入門Q&A 新訂版』 の書評が掲載されました。
『新訂版 視覚障害教育入門Q&A』
琉球新報2022.3.3
『はるの空』春日さんの講演についての記事が掲載されました。
『はるの空』
特別支援教育研究NO.775
(令和4年3月発行) 図書紹介
『知的障害教育の「教科別の指導」と「合わせた指導」』
NHK総合(全国放送)「空知くん3歳―心と心で会話する親子―」 11月24日(水)の放送で『はるの空』の春日さん親子が放映されました。
『はるの空』
肢体不自由教育252号
(令和3年11月発行) 図書紹介
『みんなにやさしい授業の実践』
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
重度・重複障害児の学習とは?
特別支援教育研究10月号
(東洋館出版社)図書紹介
これ一冊でわかる「教育相談」
北日本新聞 9/5 記事
はるの空
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『今日からできる! 小学校の交流及び共同学習』
特別支援教育研究9月号
(東洋館出版社)
『教材知恵袋 自立活動編』
埼玉新聞2021.8.6
『私たちが命を守るためにしたこと』の記事が掲載されました。
TBSラジオ「人権TODAY」(土曜日8時20分〜)、7月3日の放送で、
『私たちが命を守るためにしたこと』の本が取り上げまれます。
肢体不自由教育250号
(日本肢体不自由児協会)
文字・文章の読み書き指導
4/13号 あさひかわ新聞 記事
はるの空
4/6 北海道新聞 記事
はるの空
3/13 美瑛新聞 記事
はるの空
実践みんなの特別支援教育4月号(学研教育みらい)
図書紹介
特別なニーズ教育の基礎と方法
肢体不自由教育249号
図書紹介
授業力向上シリーズNo.8 遠隔教育・オンライン学習の実践と工夫
特別支援教育研究3月号
(東洋館出版社)763号
図書紹介
キャリア発達支援研究7 思いと向き合い可能性を紡ぐキャリア教育
実践障害児教育2021年2月号
(学研教育みらい)
カリキュラム・マネジメントで子どもが変わる!学校が変わる!
肢体不自由教育248号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のカリキュラム・マネジメント
肢体不自由教育247号
(日本肢体不自由児協会)
子ども主体の子どもが輝く授業づくり3
10/8産経新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
10/6大阪日日新聞 記事
社会参加をみすえた自己理解
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
特別支援教育のステップアップ指導方法100
肢体不自由教育246号
(日本肢体不自由児協会)
「自立活動の指導」のデザインと展開
教育家庭新聞8/3号
特別支援教育の基礎・基本 2020
実践障害児教育8月号
(学研教育みらい)
今日からできる! 発達障害通級指導教室
実践障害児教育7月号
(学研教育みらい)
知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践
特別支援教育研究6月号
(東洋館出版社) 図書紹介
「自立活動の指導」のデザインと展開
肢体不自由教育245号
(日本肢体不自由児協会)
適切行動支援 PBSスタディパック
特別支援教育研究3月号(東洋館出版社) 図書紹介
キャリア発達支援研究 6
トーハン週報`20 2/3号
スマホに振り回される子 スマホを使いこなす子
西日本新聞 熊本県版朝刊
思春期の子どものこころがわかる25のQ&A

Pick Up

ご注文

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link

QRコード

当サイトはスマートフォンに対応しております。
https://www.kyoikushinsha.co.jp/