この子と「ともに生きる」すばらしさ 響きあうこころとコミュニケーション

この子と「ともに生きる」すばらしさ

響きあうこころとコミュニケーション

著者名 後上鐵夫/編著
小村宣子/著
ISBNコード ISBN978-4-86371-203-4
判型/頁 A5判/233頁
発売日 2012年10月 9日
定価
障害のある子どもと、子どものことばを育む日々の母親との楽しいかかわりとはどんなものか?――5組の親子の長期的な事例や母親同士による座談会、若い母親へのアンケートなどを通して、異なる立場から特別支援教育に携わってきた二人の著者がこの問いの答えを考える。わが子のことばの発達が遅い、コミュニケーションがとれないと悩む母親のために、感覚遊びやまねっこ遊びなど、日常の中で簡単に取り組むことができるかかわり方も例示。

  • 目次
  • 口絵(花の日の母子像)
  • はじめに
  • ことばの泉
  • 第1章 親の想い
  • 1 若いお母さんへのアンケート
  • 2 先輩お母さんの座談会
  • 第2章 響きあうこころ〜事例編〜
  • 1 「こころとことばの相談室」
  • 2 マリちゃんのエピソード「希望〜一緒にお散歩、ゴーゴー!!〜」
  • 3 リョウくんのエピソードT「共感〜オハナシ、超good!!〜」
  • 4 リョウくんのエピソードU「愛着〜甘えてくれるなんて、夢みたい〜」
  • 5 リョウくんのエピソードV「受容〜ブレないお母さんになるヨ〜」
  • 6 リョウくんのエピソードW「家族〜お姉ちゃん、リョウをちょっとだけお願いネ〜」
  • ●コラム 「障害」のある子のきょうだい関係
  • 7 シンくんのエピソード「信頼〜ゼッタイ!! 嫌いになったりしない〜」
  • 8 メイちゃんのエピソード「傾聴〜メイちゃんは、どう思う?」
  • 9 タイくんのエピソード「人格〜お母さんも思いっきり跳べるかな……〜」
  • 10 事例編のまとめにかえて
  • 第3章 響きあうこころ〜理論編〜
  • 1 コミュニケーション行動の発達とそのつまずき
  • 2 コミュニケーションの広がりと大人の役割
  • 3 子どもの生活体験とコミュニケーションの工夫
  • 4 子どもとつくるコミュニケーション
  • ●コラム 「いないいないばー」いろいろ
  • ●コラム お子さんが自分でやってしまう〜「要求」がない〜
  • 5 障害の「理解」と子どもの「理解」
  • 6 この子と「ともに生きる」すばらしさ

新刊書籍

パブリシティ情報

肢体不自由教育236号
(日本肢体不自由児協会)
『子ども主体の子どもが輝く授業づくり』
労務事情3月1日発行
(産労総合研究所)
『法人職員・公務員のための労働法 判例編』
英語教育2017年12月号
(大修館書店)
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link