特別支援学校の校長先生スピーチ集

といかける、わかちあう、つながる。

特別支援学校の校長先生スピーチ集

著者名 渡辺 明広 著
ISBNコード ISBN978-4-86371-293-5 C3037
判型/頁 A5判/250頁
発売日 2015年 6月29日
定価
インクルーシブ教育システムの構築をめざして、今、特別支援学校がはばたく。
児童生徒に、保護者に、先生たちに、地域のみなさんに。
お話、挨拶のヒントとなる特別支援学校長のスピーチ集。

  • 目次
  • はじめに
  • 第一章 学校紹介
  • 平成二十六年度校長室:生活を切り開く人を目ざして(H26・4・1)
  • 創立四十周年にあたって ごあいさつ(H26・11・14)
  • 第二章 児童生徒へのお話
  • 全校 前期始業式
  • 目標を決めて、がんばりましょう(H26・4・7)
  • 全校 入学式
  • 式辞(H26・4・8)
  • 高等部 音楽発表会 開会式
  • 音楽発表会ができて、おめでとうっ!(H25・6・7)
  • 高等部 音楽発表会 講評
  • 緊張しながらも真剣に、真剣な中にもにこやかに、音楽を楽しんでいるようでした(H25・6・7)
  • 全校 運動会 開会式
  • 緊張してきたら、リラックスする方法を自分で工夫しよう(H26・6・8)
  • 全校 防災学習・避難訓練
  • 避難するとき、どんな気持ちでしたか? 何を考えていましたか?(H23・9・2)
  • 全校 防災学習・避難訓練
  • 「釜石の奇跡」 子どもたちは実行した!(H24・9・7)
  • 全校 前期終業式
  • みんな、がんばっていたね(H25・9・27)
  • 高等部二年生、三年生 現場実習報告会
  • 現場実習で、みんなはいろいろなことを考え、たくさんのことを学んだ(H25・10・21)
  • 中学部 みんなの広場の完成式
  • みんなの広場が完成しました。よく頑張りました。ありがとう(H24・12・3)
  • 高等部一年生 現場実習決意集会
  • 自分の不安や心配をちゃんと分かっていて、対策を考えておこう(H27・1・16)
  • 全校 ふようまつり 開会式
  • ステージ発表の「見どころ」、「聞きどころ」、「がんばりどころ」は?(H26・2・8)
  • 高等部 卒業式
  • 式辞(H27・3・4)
  • 全校 修了式
  • 一年間、たくさんの勉強ができたね(H27・3・20)
  • 第三章 保護者のみなさんへのご挨拶
  • ふようメール
  • はじめまして(H23・5・6)
    セツデンの夏(H23・9・22)
    それぞれの秋(H23・12・20)
    ご卒業おめでとう(H24・3・2)
    「もくひょう」が 整列をして 新学期(H24・5・29)
    見つめ合い かかわり合い 学び合い(H25・1・11)
    贈る言葉は「ありがとう」〜卒業生から在校生に〜(H25・2・27)
    出会いのとき はじめてのボクです(H25・5・14)
    「あきらめたらそこで試合終了だよ」〜卒業生から在校生に〜(H26・2・27)
    かかわり合って、つながって(H26・5・27)
    卒業するみなさん、ありがとう(H27・2・27)
  • PTA 総会
  • 幸福度の指標・目安は、子どもの自尊感情や自己肯定感が高いか、どうかということです(H24・5・11)
  • 次年度入学生の保護者説明会
  • 子育ての喜びをたくさん共有し、実感しましょう(H25・2・3)
  • PTA 臨時総会
  • 静岡大学と静岡市は福祉避難所の設置運営に関する協定書を取り交わしました(H25・4・16)
  • PTA 総会
  • 子育てのモデルが近くにおいでになるわけです(H25・5・10)
  • 進路講演会
  • お礼の言葉(H26・1・26)
  • PTA 臨時総会
  • 学校と家庭の共通理解による個別の指導計画は教育活動の拠り所です(H26・12・1)
  • 重症児者の災害時福祉避難所への避難についての会議
  • 福祉避難所について、至急、進めなければならないことを理解しました(H26・12・22)
  • 第四章 教職員のみなさんへのお話
  • 全体打ち合わせ
  • 今年も楽しい授業をたくさんしましょう(H24・4・4)
    新入生を迎える会などで自己紹介ができていた(H25・4・22)
    今年も、ふよう活動が始まります(H23・5・16)
    インクルーシブな集団活動をどう展開するか(H26・5・19)
    運動会でのパフォーマンス(H23・5・30)
    「つ、つ、つぎはなにするか?」(H24・6・11)
    世の中で起こっていることに関心を持つことが、社会参加です(H26・6・16)
    いよいよ高等部三年生の現場実習。就職試験です(H24・6・25)
    ねらいは、理論と授業実践について、みんなで共通理解すること(H26・6・30)
    カレーライスを本番までに、学校で四回つくること(H24・7・9)
    学級集団や集団活動の成長の軌跡も刻んでおきたい(H24・7・25)
    決める実習です(H26・9・1)
    夏休みに一件残念なことがありました(H24・9・3)
    どこをもう一工夫したらいいのかを教えてやってください(H24・9・10)
    緊張の中、頑張っていました(H25・10・7)
    これ以上のない大舞台で(H24・11・5)
    就職試験の評価をずっーと心待ちしていたことと思います(H26・12・8)
    歴史的な勝利(H25・12・9)
    冬休み、ゆっくりするとはどういうこと、ゆっくりするにはどうするか(H26・12・15)
    初春に 子どもたちの強さやよさを見つけるのは私達、支援者でしょう(H27・1・5)
    見どころが分かって、客観的に見られるということ(H24・1・30)
    することが分かって、思考、判断ができて、表現力が付く(H26・2・3)
    工夫して取り組んでいるところが大賞につながった(H24・2・6)
    「ありがとう」の言葉がたくさん行き交う(H25・2・25)
    これからも幸多からんことを(H25・3・4)
    あらわれは子どもの達成状況を、手立てや支援などとの関係で明確に記述しましょう(H27・3・9)
    『個人研究集録』を読みました(H25・3・18)
  • 職員会議
  • 交流及び共同学習 地域のために、本校の児童生徒は何ができるのか(H24・12・14)
    本校のふようまつりは、表現力や演技力を究めることがねらいです(H25・2・15)
    大学での障害者雇用について(H25・3・18)
    共通理解と受容的態度(H25・5・17)
    ユニバーサルな授業は可能か(H25・10・18)
    『いじめ防止対策推進法』と私たちがしておくこと(H25・12・12)
    二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピックの学習活動を考える!(H26・2・18)
    在籍する児童生徒にとって、創立四十周年記念の取り組みとは何なのか?(H26・4・3)
    授業のポイントを学生に伝えてください―教育実習にあたって(H26・5・19)
    精神症状が見られた生徒への支援の経過と今後の対応について(H○・○・○)
    入学希望者が少なかった時代も乗り越えて(H26・7・18)
    附属学校園の今後の研究開発、研究連携 ―特別支援教育の視点が欠かせない(H26・9・12)
    実習先からの「今後検討したい」に、学校はどう向き合うか?(H26・10・20)
    居住地校交流が始まりました(H26・11・21)
    生徒指導にあたって、スクールカウンセラーと連携、協働を(H27・3・16)
  • 反省会
  • (運動会おつかれさま会)
    大変盛り上がった運動会でした ―距離にまつわる話(H24・6・2)
  • (ふようまつりおつかれさま会)
    一年間の集大成 ―目頭が何回か、熱くなる思いがしました(H25・2・9)
  • (研究協議会&研究フォーラム)
    本校からの発信にご意見やご指摘もたくさんいただくことができました(H25・11・16)
  • 第五章 研究協議会・講演会などに参加のみなさんへのご挨拶
  • いちょう夏季研修会
  • 講演「第四の発達障害〜子ども虐待と発達障害」〈浜松医科大学 杉山登志郎教授〉
    お礼の言葉(H23・8・10)
  • 第三十八回研究協議会
  • 講演「スキルトレーニングによる育ての視点」〈明星大学人文学部 小貫 悟准教授〉
    お礼の言葉(H23・11・18)
  • いちょう夏季研修会
  • 講演「学校適応に不器用さをかかえる児童・生徒への支援」〈特別支援教育ネット小栗正幸代表〉
    お礼の言葉(H24・8・7)
  • 第三十九回研究協議会
  • 講演「よりよい授業づくりへのチャレンジ―子どもの学びと目標設定、その順序性」〈福岡大学人文学部 徳永 豊教授〉
    お礼の言葉(H24・11・16)
  • いちょう夏季研修会
  • 講演「より良い関係を築くために〜発達障害の子どもと保護者の気持ちに寄り添った支援を〜」〈大正大学人間学部人間福祉学科 玉井邦夫教授〉
    お礼の言葉(H25・8・7)
  • 図書の刊行
  • はじめに(H25・10・15)
  • 第四十回研究協議会&研究フォーラム二〇一三
  • ごあいさつ(H25・11・15)
  • 第四十回研究協議会
  • 講演「インクルーシブ教育システムの構築に向け、今、何をすべきか」〈文部科学省初等中等教育局特別支援教育課 樋口一宗特別支援教育調査官〉
    お礼の言葉(H25・11・15)
  • いちょう夏季研修会
  • 講演「なぜ発達障害のある子どもは生きづらいのか〜脳の仕組から、具体的な支援方法を考える」〈神戸大学大学院人間発達環境学研究科 鳥居深雪教授〉
    お礼の言葉(H26・8・29)
  • 創立四十周年記念講演
  • 講演「子どもたちの学びを支えるもの〜特別支援教育の今とこれから〜」〈東京学芸大学 上野一彦名誉教授〉
    お礼の言葉(H26・11・14)
  • 第六章 学校のある地域のみなさんへのご挨拶
  • 学校だより
  • 生活を切り開く子 地域とつながって ふようNo.33(H23・4・28)
    外部講師やボランティアのみなさんに囲まれて ふようNo.35(H23・12・19)
    地域での清掃活動に取り組んで ふようNo.37(H24・4・27)
    地域はもうひとつの学校  ふようNo.41(H25・4・26)
    城北公園 いいトコロガイドマップができあがりました 〜地域を学ぶ、地域の人と学ぶ〜
    ふようNo.43(H25・12・20)
    本校は小、中学校等へ出張相談をしています 〜特別支援教育の地域のセンター的役割〜 ふようNo.47(H26・12・19)
  • 第七章 教育実習やボランティアの学生へのお話
  • 教育実習1 開始式
  • 三つの目的を持って(H26・10・20)
  • 教育実習1 終了式
  • 心の通じ合いには、場の共有、時間の共有、体験の共有が必要です(H26・10・24)
  • 教育実習2 開始式
  • いよいよ決める実習です(H26・9・1)
  • 教育実習2 終了式
  • 決めることができたか、その見極めや判断は自分でできなくてはなりません(H26・9・19)
  • 教育実習3 開始式
  • 子どもたちの側の視点に立つということにチャレンジしてください(H23・5・30)
  • 教育実習3 終了式
  • 教師を目ざす、全体像の自分を振り返っておきましょう(H26・6・13)
  • 学生ボランティアへのお話
  • 運動会が終わって みんなに包み込まれているような雰囲気の中で(H25・6・1)
    研究協議会、研究フォーラムが終わって おもてなしの心で(H24・11・17)
    ふようまつりが終わって  子どもたちと先生との共同作業、共同作品でした(H26・2・8)
  • あとがき

New Books

特別支援教育の進め方(4)
保護者や地域の理解を進めるために

2017年 5月 8日発売
本体2,000円+税
教育オーディオロジー
ハンドブック

2017年 4月 5日発売
本体2,500円+税
病気の子どもの
教育支援ガイド

2017年 3月30日発売
本体2,000円+税
特別支援学校のすべてがわかる
教員をめざすあなたへ

2017年 3月25日発売
本体2,000円+税
主体的に学ぶ
養護実習ガイドブック

2017年 3月 1日発売
本体2,000円+税
介護現場のリーダー
お助けブック

2017年 2月22日発売
本体1,700円+税
聴覚障害児の発音・発語指導
―できることを、できるところから―

2017年 2月13日発売
本体2,500円+税
国立大学法人法コンメンタール 改訂版
 

2017年 2月 6日発売
本体6,250円+税
5歳アプローチカリキュラムと
小1スタートカリキュラム

2017年 1月25日発売
本体2,400円+税
自立活動の理念と実践
 

2016年12月 5日発売
本体2,200円+税

Publicity

2017/03/02
「リハビリテーション」2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
2017/03/02
肢体不自由教育229 2017.3.10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2017/01/30
日本教育新聞2017.1.30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
2017/01/26
肢体不自由教育224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
2017/01/26
肢体不自由教育227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
2017/01/26
肢体不自由教育228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
2017/01/26
東京新聞2017.1.24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『ぱれっと(PALETTE)』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『知的障害教育における学習評価の実践ガイド』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『PTA90事例 ―日本全国! PTA活動運営事例集―』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『今すぐ役立つ PTA応援マニュアル』
2016/09/24発売
読売新聞朝刊「くらし面」記事
『見てわかる意思決定と意思決定支援』
2016/01/23
東京新聞・朝刊/くらし面「新刊紹介」記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2016/03/07発売
教育学術新聞 3月2日号 「新刊紹介」記事
『日本の大学の系譜』
2015/08/29
産経新聞ニュース(ニュースウェブサイト)記事
『よこはまist.』
2015/08/23
読売新聞 本よみうり堂 書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/01
SankeiBiz(サンケイビズ)書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/12
8月12日発売 読売新聞朝刊 くらし家庭欄 記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link